会社を辞めたい ケーキ

MENU
スポンサードリンク

会社辞めたい ケーキ職人の場合

ケーキ職人は夢があってよい仕事のように見えます。しかし、かつての徒弟制のような不適切な労働慣行が残っている部分もあり、それに適応できないと勤務を継続することが困難だという側面もあります。以下では、このケーキ職人の方が会社を辞めたいと考える場合について解説をします。

 

ケーキ職人は上司に絶対服従という雰囲気

 

ケーキ職人

特に個人店でケーキ職人として働く場合、最初のうちはサービス残業や店長から厳しい教育を受けたりします。

 

ケーキ職人などの技術系の仕事はかつての徒弟制のように一人前になるまではサービス残業は当たり前、上司や先輩には絶対服従というような雰囲気があります。

 

ある程度仕事を覚えてくるとそれも少なくなってゆくのですが、それまでは我慢の連続です。

 

勿論、心身の健康を害すような長時間労働であったり、上司や先輩から暴力を受けたなどの極端な場合は別ですが、そうでなければ多少の残業や上司などの叱責には技術を身に付けるためにある程度は我慢する必要もあります。

 

夢を追いかけるなら我慢も必要

 

成り行きにまかせてケーキ職人の仕事を選んでの出ないならば、将来はお店を持ちたいだとか一流のパティシエになりたいだとかの夢を持ってこの業界に入られると思いますから、その夢を持っている限り多少のことで会社を辞めたいと思っても、特に新人のうちは技術を身に付けるまでは勤務を継続すべきです。

 

ケーキ職人の職場

 

工場勤務の場合にはある程度の労務管理が行われますので、違法残業やパワハラなどが比較的起こりにくい環境にあります。しかし、仕事が分業化されていますので、将来のお店を持ちたい方の場合には職務経験を積む場としてはよい場所とはいえません。

 

個人店の場合には、サービス残業や店長の個人的性格にもよりますが、パワハラまがいの指導が行われたりします。その反面、接客から製造その他雑用など将来お店を持つために必要な職務経験を積むことができます。

 

ケーキ職人の仕事は続けたいけれども会社は辞めたいという場合には、工場勤務から個人店勤務、又は個人店勤務から会社勤務に、同じ業種で職場を変えてみる方法もあります。そうすると前の職場での職務経験が活かせますから、転職が成功する可能性が高まります。

 

業界内の転職ならば退職のルールの遵守が必要

 

ケーキ職人

なお、ケーキ職人の業界は人手不足ですから、人間性に問題がなく職務経験があれば比較的業界内での転職は容易なようです。

 

ただし、業界内での横のつながりが強いので、会社を辞める際にトラブルを起こしたりすると、そのうわさがすぐに広まって再就職を妨げる場合もあるようです。

 

ケーキ職人に限った事ではありませんが、同じ業界内での転職を希望しつつ会社を辞める場合にはできるだけ穏便に退職しなくてはなりません。会社が明らかに違法な行為をしている場合は別ですが、そうでない場合には退職に関するルールを守ってスムーズに退職することが重要です。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら