会社を辞めたい キャビンアテンダント

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい キャビンアテンダントの場合

キャビンアテンダントは女性の憧れの職種の1つですが、実際には

  • 国際線の場合には、生活が不規則になる
  • 国際線の場合には時差への対応が大変
  • 気圧の影響をうけて、体調が悪くなる
  • ただのウェイトレスと同じだ

等という理由で入社後2、3年で退職される方も結構多いようです。以下では、キャビンアテンダントで働いたいらっしゃる方が会社を辞めたい場合について考えます。

 

キャビンアテンダントといっても仕事はウェイトレスと同じ

 

キャビンアテンダント

キャビンアテンダントといっても世間のイメージとは異なり、実際の業務はただ飛行機に乗っているというだけでウェイトレスと同じのようです。体力を消耗する仕事なので40代を過ぎると続けるのが大変になります。

 

さらに、国際線に勤務しているからといって語学が堪能というわけでもなく、使える英語は「コーヒーいかがですか」などの単純な言葉のみで、語学能力は一般の会社の方が上だというケースも多いようです。

 

キャビンアテンダントのキャリアはあまり役立たない

 

転職を考えた場合、キャビンアテンダントのキャリアはあまり役立たないと言えます。また、最近は契約社員が増えております。契約社員は身分が不安定なので、このこともキャビンアテンダントの魅力を減じることになります。

 

キャビンアテンダントをしながら余暇に勉強して資格を取り専門職に就くとか、人脈を作って起業する方も結構いるようです。40代になって体力的にきつくなってから転職したのでは遅すぎるので、その前に準備をして高齢になっても安心して働ける職種に転職される方も結構います。

 

なお、キャビンアテンダントは寿退社(結婚による退職)が多いことも特徴です。キャビンアテンダントは男性にモテますから、その特質を生かして就職の代わりに結婚を選択するとう方法も生活の術としては有効な方法です。場合によっては転職の何倍もの利益を獲得できます。

 

>>同じ趣味から自然に出会える「スク婚」<<

 

仕事を続けながら転職への準備をすることが大切

 

キャビンアテンダント

このようにキャビンアテンダントは管理職になる場合は別として生涯続ける仕事とは考えにくいものです。

 

キャビンアテンダントの方仕事を辞めたいと思った場合には、それを機に将来への転職を目指して資格を取るなり、人脈を築くなりして転職の準備をするべきだと思います。

 

ただし実際に転職をするのは資格を取得したりして準備が整ってからです。準備が整わないうちに退職して失業の状態で資格を目指すのは心理的に不安定になり大変です。また、勤務を継続していれば同じ会社内で専門職に転職できる可能性があるというメリットがあります。

 

キャビンアテンダントは人間関係が大変で、業務がきついなどの問題がありますが、給与も悪くなく長時間労働が問題となることも少ないので転職の準備に関しては恵まれていると思います。日々怠らず将来に向けて努力することが大切です。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら