会社を辞めたい アパレル販売員

MENU
スポンサードリンク

会社・仕事を辞めたい アパレル販売員の場合

アパレル産業とは、衣料品、特に既製服に関する産業のことです。アパレルとは英語で衣服や服装を意味する(apparel)に由来しています。アパレル産業(業界)と特色として次のようなものがあります。

 

アパレル業界の特色@長時間労働

 

例えば、セレクトショップなどは、10時から20時までの開店時間のお店が多いですから、そのようなお店で働くアパレル販売員の方の勤務時間は、8時30分から20時30頃までです。普通の事務職ですと、8時30分から17時30分までの勤務ですから、恒常的に1日3時間程度の残業が発生します。

 

アパレル業界の特色A固定残業制

 

また、この残業に対して、法律で定められた率の残業手当を支払わない会社が多くなっています。支払う場合でも、固定残業手当と言って、法律で定める率で計算した残業代よりも非常に低額の手当が、残業代として支払われます。

 

この手当を支払うことにより、会社側は労働者に支払う残業代を違法に大幅に削減します。

 

アパレル業界の特色B低賃金

 

また、長時間労働の割に、賃金が低いのもアパレル販売員の特徴です。19歳から26歳までの販売員の平均月給は15万8千円程度と言われています。この金額は、サービス残業のことを考慮すれば、実質的な月給の水準は、ますます低くなると考えられます。

 

アパレル業界の特色C自腹営業

 

さらに、会社によっては、ノルマが達成できない社員に対して、自腹営業をせまるところもあります。自腹営業によって、本来必要のない会社の商品の購入を強制させられることで、実質的な賃金はさらに低下します。

 

大半のセレクトショップは大丈夫だけれども

 

アパレル店員

ほとんどのセレクトショップの場合、多かれ少なかれ以上のような問題点があると考えられます。大半のセレクトショップは多少の問題点はあるにせよ、その程度が軽微なので我慢できる範囲にあると考えられます。

 

特に、ファッション業界に憧れていたことや、お客さんとアパレルに関する会話を楽しむ目的で、アパレル販売員になられた方は、多少のサービス残業や低賃金であれば、我慢できる範囲内であると思います。

 

ある大手アパレルメーカーの過労死事件について

 

しかし、その程度を超すと、問題です。ある大手アパレルメーカーでは、入社1年目の女性店長に月111時間を超える時間外労働を課し、また、月5万円を超える自腹購入を強制したりして、極度のストレスにより過労死に追い込んだ事件があります。

 

アパレル業界の中には、このようなひどい会社もあります。このような会社に長くいると、ストレスや精神障害を発症したりして、人生を棒に振ったりします。ですから、自分が勤めているアパレルショップが、そんなひどい会社であったら、会社を辞めることを考えるべきです。

アパレル販売員の求人・転職おすすめサイト

サイト名

おすすめポイント!

【ファッショーネ】

アパレル限定の求人情報は「ファッショーネ」で、希望にピッタリの情報を手に入れましょう!
非公開求人数1000件以上で、本社案件数も700件以上!専門性を身につけたい人も、仕事の幅を広げたいと思った人も、やりたい仕事と出会える事ができますよ。
毎月60件のペースで新規案件が増えるのも魅力です。アパレル業界でステップアップしたい、あなたにピッタリの情報が詰まっていますよ。

 

「iDA」はアパレル・ファッション・コスメ業界専門の、全国の求人情報から、教育サポートまで、バックアップしてくれます。
接客マナーや、資格取得に向けてのサポートが充実しているから、キャリアップを目指す人にはピッタリ!!さらに、全国13拠点の支店があるから、利用しやすく、業界最大級の求人数も魅力です。

ディンプル

大手でのお仕事探しは「ディンプル」で探しませんか?就業先、高時給、短期〜長期といった、様々な希望にピッタリのお仕事があります。今までのスキルや経験も踏まえて、安心できる職場選びをサポートしてくれます。
教育・研修制度もあるので、スキルアップしたい人にも、未経験の人でも、実務レベルが向上できて、役に立ちますよ。

アパレル派遣ナビ

「アパレル派遣ナビ」は、加盟店48,000店舗以上、会員数は4,000人以上の大規模なアパレル・ファッション系の求人サイトです。
関東・東海・関西・九州エリアのアパレル情報で、あなたのお仕事探しをバックアップしてくれますよ。「採用担当者の声」や「アパレル派遣お仕事の一日」などお役立ちコンテンツも充実。さらに働きながらTポイントが貯まるサービスもありますよ。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら