会社・仕事を辞めたい 職種・ケース別事例

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい、仕事を辞めたい職種・業種別事例

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら

会社・仕事を辞めたい 職種・ケース別事例記事一覧

会社を辞めたいを考えている方が大企業に勤めている場合は、すぐに退職という結論を出す前によく考える必要があります。大企業の特色として公務員ほど完全ではありませんが、中小企業に比べれば終身雇用制が維持されており、それに対応して年功序列的な賃金体系です。また、そのような形態の会社では個人の才能よりも会社での人間関係が重視されます。

会社を辞めたいのが営業マンの場合は、実力主義の世界であることを十分理解したうえで退職を決意する必要があります。実力主義的な傾向が強い世界では、実力があれば転職がしやすい傾向があります。才能がある方であれば、公務員や一部の大企業などの年功序列型の業界よりは転職がしやすいといえます。年功序列的な世界では、実力よりも肩書だとか、先代からの付き合いだとか、そういったものが優先される傾向があります。その中で...

会社を辞めたいと考えてる人が一般事務の場合は、確かに向き不向きがあるのが大きな問題点になります。原則として1日8時間以上のデスクワークですから、机に向かって仕事をすることが苦手な人は我慢できないかもしれません。特に、新人の頃に1日中パソコンのデータ入力などの仕事をさせられたりしますから大変です。また、人間関係も気を使います。事業場外の仕事と違って、1日中同じ人と顔を合わせていなくてはなりません。人...

会社を辞めたいと思っている人が銀行員の場合、周囲の猛反対が予想されます。銀行に勤めている方が、その銀行をやめたいと家族や知人に相談した場合、たいていは引き止められると思います。銀行は経営が安定しているし、労働条件が良く、「職業は銀行員」といえば社会的信用も得られます。また、周囲の強い勧めがあって銀行に入行した方も多いと思われますが、その場合は親や親族等が猛反対をするでしょう。

かつて「年越派遣村」や「派遣切り」が社会問題となったことがありました。現在ではそういった事件への反省から、派遣労働者の雇用環境は改善されてきているといわれています。それでも派遣労働には根本的に解決できない様々な問題があります。派遣労働の問題点派遣労働の場合、実際に雇用する派遣元会社と派遣労働者が実際に働く派遣先会社と、派遣労働者の3面関係があります。普通の雇用の場合、使用者と労働者の2面関係ですか...

現在不動産会社で営業の仕事をされていらっしゃる方で、会社の体質に合わない、長時間労働で体が持たない、上司からパワハラを受けているなどの理由で会社を辞めたいと考えている方におすすめの対処法やこの仕事の特徴などについて考えてみます。不動産(営業)仕事の特色について不動産(営業)の業界は会社によっては古い体質のまま失敗した部下に対して上司が平気で怒鳴り散らしたり、ノルマを達成できない罰として毎日1,00...

会社を辞めたいと考えている人が建設業の場合は、長時間労働が原因になっている場合が多いです。ある調査によると、建設業の現場管理社員の約50%が1カ月当たりの残業時間が60時間超であるといいます。さらに、それが80時間を超える者は全体の30%にも達するということです。また、繁忙期の休日についても4週4休以下の割合が全体の60%近くに達します。4週4休以下と言いますと、4週間のうちそのすべての土曜日につ...

経済のグローバル化によって、日本にも外資系企業が多くなってきました。そこで、外資系企業の特徴や外資系企業をやめる場合や転職のポイントなどについて考えてみます。外資系企業の特徴外資系の企業の場合、日本企業のように経験年数がものをいうというようなことは少ないと言われています。実力本位とも言いますが、年功序列という考えがないので仕事ができてもできなくても勤続していれば給与や役職が上がっていくことはありま...

会社を辞めたいと考えている人が、証券会社に勤務していた場合は勤務年数もよく考慮する必要があります。証券会社の場合は3年くらい我慢して、ある程度スキルを身につければ転職市場での評価が高いそうです。最初は辛いかもしれませんが、もし我慢できるのであれば新人の方なら辞めたいと思っても、3年間ぐらいは我慢してきちんとした技能を身に付けたうえで退職する方がいいかもしれません。会社を辞めると、辞めた時はいいので...

会社を辞めたいと考えている人が生保営業だった場合は、辞めるのが大変だと感じられる場合があります。会社によっては、「会社を辞める」といえばすぐに「どうぞ」といって問題なくやめさせてくれるところもありますが、生保営業の場合には「会社をやめる」というと結構しつこく引き留められる場合があるようです。例えば、入社直後に辞める場合には会社側も多少なりとも採用のために経費を掛けているわけですから、引きとどめるの...

自動車営業職の仕事はノルマが厳しかったり、飛び込み営業で訪問先から拒否されるのが辛かったりします。また、体育会系のノリのところが多いのでどうしても合わないという方もいらっしゃると思います。このような理由で自動車営業職の会社を辞めたいと思う場合について考えてみます。自動車営業職の仕事についてまず、自動車営業職の統計データを見てみます。平成26年の賃金センサスによると、自動車外交販売員(自動車営業職)...

会社を辞めたいと考えているのが管理職の方だった場合は、そう簡単に退職に至らない場合があります。名ばかり管理職は別として、普通の会社の普通の管理職であればそれなりの待遇は得ています。仮に会社を辞めた場合、すでに年金をもらっているとかお金に心配がない場合にはそのまま定年後ライフに移行すればいいだけの話で、とくに論ずる必要はありません。ですが、40代や50代の方ではそういうわけにもいきません。大学進学を...

経理事務の仕事の特徴経理事務は業務を覚えることも大切ですが、デスクワークですから人間関係も非常に大切になります。たいていの経理の仕事は1人では行わず2人以上のチームで行いますから、その上司なり同僚なり部下なりとの人間関係がうまくいかないと会社に行きづらくなります。経理の仕事自体も簿記の仕組みや金融の仕組み、コンピューターシステムや給与計算などを覚えなくてはならないので、結構大変な仕事です。また、1...

法律事務所事務員も人気職種の1つですが、TVドラマで見るようなかっこよい仕事ではなく、実際には、コピーやお茶くみ、他事務所へのお使い、書類作成などが主な業務で、就職してすぐに辞めていく方も結構多いようです。以下では、法律事務所職員が会社を辞めたい場合について考えます。法律系事務職の特徴法律事務所事務職員の仕事は大きな法律事務所で勤務する場合と個人事務所で勤務する場合では随分異なります。以下では、個...

現在正社員をしておられる方で、会社を辞めたいと思っておられる方も多いと思いますが、正社員を辞める場合には独特の問題があります。それは、現在の日本に雇用制度はだいぶ崩れてきたとはいえ、いまだに夫が家計の主たる稼ぎ手で正社員として働き、妻は家事が主体で働く場合にも副業的なパート労働者として働くという前提のもと構成されているということです。この仕組みは以下のように反映されています。健康保険の被扶養者国民...

会社を辞めたい方がパート職員の場合は、パートタイムという雇用形態の特色を考慮しながら検討してください。パート職員といえば、たいてい夫が正社員として会社に勤務している妻の方で、家計の主体としてではなくて家計補助のためや小遣い稼ぎ的な副業として行います。その場合、会社側では短期的雇用を前提としますから、賃金も安くて賞与はないか僅少、退職金もありません。仕事も短期で覚えられる範囲内の簡単な単純作業が多く...

会社を辞めたいと思っている人が派遣会社に属する派遣社員だった場合、場合によっては簡単に辞められない場合があります。派遣社員も派遣先が決まるまでは勤務内容や人間関係が全くわからないこともあり、非常に難しい側面もあります。専門派遣の場合にはそれなりに給与も高く、待遇も良くて仕事内容も決まっていますから、まだ良いのかもしれません。しかし、そうでない場合には派遣先の会社で正社員の嫌がる仕事を押し付けられた...

主婦の方で、会社を辞めたいと思われていらっしゃる方もいるかもしれませんが、主婦で働いている方はある意味では一番恵まれていると言えます。女性で働いている方の場合、例えば夫が失業者や障害者で家計の主たる担い手として働いていらっしゃる方もいるかもしれませんが、主婦の労働という場合には夫が家計の主たる担い手としてきちんと働いているので、補助的に働くということになると思います。主婦の主たる活動は家事や育児で...

アパレル産業とは、衣料品、特に既製服に関する産業のことです。アパレルとは英語で衣服や服装を意味する(apparel)に由来しています。アパレル産業(業界)と特色として次のようなものがあります。アパレル業界の特色@長時間労働例えば、セレクトショップなどは、10時から20時までの開店時間のお店が多いですから、そのようなお店で働くアパレル販売員の方の勤務時間は、8時30分から20時30頃までです。普通の...

パチンコ店店員は、うるさい店内、漂うタバコ臭さなど、労働環境には問題はありますが、意外にも高月給な会社が多いようです。店長ともなれば接客娯楽業の特徴として長時間労働が問題となるようですが、ブラック企業と呼ばれる悪質の会社でもない普通の会社であれば、役職なしの正社員やアルバイトなどは恒常的な長時間労働にさらされるようなことは少ないようです。また、長時間労働により店長が過労死によりなくなったという事件...

宅急便ドライバーは給料はそれなりに出るものの、労働環境も厳しくて長時間労働のため時間単価に直すと決して高給であるとは言えません。お歳暮やお中元御シーズンは朝から晩まで走り回っていなければなりません。学生のころから体育会等に所属し、朝から晩まで体を動かしていた方でないと勤務は難しいものと考えられます。また、宅急便ドライバーは頻繁に求人を繰り返しています。これは、新入社員を採用しても体力的にもたなかっ...

貨物自動車の仕事は、拘束時間が長くて大変な仕事です。また、長時間労働による過労死等の労災事故が多いのもこの業界の特徴です。以下では、自動車運転手の方が会社を辞めたい場合について考えてみます。自動車運転者の仕事は過労による労災事故の多い貨物トラック運転者の仕事は、長時間労働や過労死の問題が起こりやすくなっています。平成26年度の賃金センサスでも、貨物自動車運転者の平均所定内労働時間は176時間/月と...

タクシー運転者は大変な仕事です。業界全体に長時間労働が蔓延しており、深夜労働を含む16時間連続勤務など大変な勤務があります。しかも、タクシー運転者を狙った強盗事件が頻発しており、大変危険でもあります。以下ではタクシー運転者の方が会社を辞めたい場合について考えます。タクシー運転者の仕事は長時間労働、高年齢、低賃金まず、タクシー運転者に関するデータを見てみます。平成26年度の賃金センサスによると、タク...

SEとは、システム・エンジニアのことで、システムの設計・開発・テストなどを手掛ける職種のことです。現在は高度にIT技術の発達した社会ですから、システムといった場合にはコンピューター・システムを指すことは言うまでもありません。最近のSEの労働環境の状況かつてIT技術者は劣悪な労働環境の下長時間労働を強いられておりました。しかし最近は成果主義的な考え方の普及により、そういった状況は幾分か改善してきてい...

塾講師は、公立学校の先生のように給与が高くない割には企業ですので、専門外の科目の授業を持たされたり、サービス残業を強いられたりして結構大変なようです。以下では、塾講師をされている方が会社を辞めたい場合について考えてみます。塾講師の仕事について塾講師の仕事のデータを見てみます。平成26年の賃金センサスによると、塾講師・予備校講師の1年間の平均所定内給与は277万4千円です。調査対象65職種の平均の1...

現代は高度に発展したIT社会でありますから、それを支えるプログラマーは非常に重要な役割を果たしています。しかし、プログラマーの労働環境は決して良いものとは言えません。ひどい労務管理をしている会社もある一部の中小企業では、労務管理が適切に行われていないため適切な労働時間の管理ができず、法律違反の長時間労働、残業代の未払い、等の諸問題が発生しております。また、プログラマーの仕事は過度の長時間労働が行わ...

DTPとは、ディスクトップ・パブリッシングの略で、DTPオペレーターとは印刷会社などで出版物の原稿作成、レイアウト、デザインなどをコンピューター上で行う作業をする方のことをいいます。以下では、のDTPオペレーターの仕事をしていて、会社を辞めたい場合について考えてみます。DTPオペレーターの仕事について平成26年度の賃金センサスによると、DTPオペレーターが所属する職種のコンピューター・オペレーター...

キーパンチャーとは、手書きの原稿などをもとに専用の入力装置で入力する作業者のことをいいます。データ入力という場合もあります。キーパンチャーは1時間に15,000タッチ以上の速度で入力ができるため、特殊技能であると理解されています。以下ではキーパンチャーの方が会社を辞めたい場合について考えます。キーパンチャーの仕事について平成26年度の賃金センサスによりますと、キーパンチャーの1年間の平均所定内給与...

レセプションとは、ホテルのフロントなどで、宿泊客の受付業務などを行う仕事です。通常は、宿泊客のチェック・イン業務、鍵の管理、各部門への連絡調整手続き、ホテル料金の受領書などの作成を行います。レセプションの仕事の特徴レセプションの仕事の特徴としては、ホテルは原則として24時間営業ですから、夜勤があり、3交代制の勤務シフトをしいていることが多いことがあげられます。また、ホテル業は繁忙期と閑散期がありま...

百貨店はお歳暮やお中元の時期になると連日長時間労働が続き、休暇も取ることができず大変です。接客が大好きだと言って百貨店に入った方でもこの時期の長時間労働にはさすがにうんざりする方もいます。以下では、百貨店に勤めている方が会社を辞めたい場合について考えてみます。百貨店は残業が多い百貨店の特徴は、お歳暮やお中元シーズンの長時間労働があります。その時期は朝から晩まで働き詰の時期が1ヶ月から1ヶ月半程度続...

チェッカー(スーパーのレジ打ち)の仕事はパート・アルバイト向けの職種といえましょう。働いていらっしゃる方も主婦や学生さんなども多いと思います。以下ではこのチェッカーとして働いていらっしゃる方で会社を辞めたい場合について考えてみます。チェッカーで働く人は主婦の方が多いスーパーなどでのチェッカーは、働き盛りの男性が仕事をしていることはほとんどありません。忙しい時に店長などが臨時にこの仕事をする場合もあ...

工場勤務は、単調な作業の繰り返しで大学卒や専門学校卒の方が勤務すると特に大変なようです。また、24時間稼働の工場では3交代制などで深夜や早朝の勤務があり、生活も不規則になりがちです。また、仕事を覚えるまでは周囲になかなかなじめなかったりして苦痛を味わいます。工場での人間関係が良いと単調な仕事も我慢できるのですが、それが悪かったりすると仕事の単調さと相まって苦痛が増大します。さらに、機械プレス工場な...

洗濯工とは、ホテル・病院寝具等のリネンサプライ業務、イベントハウスのコスチュームクリーニング業務などをおこなう仕事です。以下ではこの洗濯工の仕事をされている方が会社を辞めたい場合について考えます。洗濯工の仕事について平成26年度の賃金センサスによれば洗濯工の1年間の所定内給与は171万3千円で、調査対象の65職種の最低水準です。全65職種の平均は299万6千円で約120万円の開きがあります。一方、...

ケーキ職人は夢があってよい仕事のように見えます。しかし、かつての徒弟制のような不適切な労働慣行が残っている部分もあり、それに適応できないと勤務を継続することが困難だという側面もあります。以下では、このケーキ職人の方が会社を辞めたいと考える場合について解説をします。ケーキ職人は上司に絶対服従という雰囲気特に個人店でケーキ職人として働く場合、最初のうちはサービス残業や店長から厳しい教育を受けたりします...

調理師の仕事に限りませんが、技術系の仕事には共通の特徴があります。それは、所定労働時間や法定休日が守られない店長や先輩には絶対服従新人のうちは賃金が安いこの傾向は事業所の規模が小さくなればなるほど強くなります。この世界で長期間働くには相当の覚悟が必要です。以下では調理師の仕事をしている方が会社を辞めたいと考える場合について解説します。調理師の賃金と労働時間平成26年度の賃金センサスによると、調理師...

栄養士とは、都道府県知事の免許を受けて栄養士の名称を用いて栄養の指導に従事する者を言います。栄養士の就職先は病院、学校、福祉施設、行政、研究・教育機関など様々です。以下ではこの栄養士の仕事をしている方が会社を辞めたい場合について考えます。栄養士の仕事について平成26年の賃金センサスによると栄養士の1年間の平均所定内給与は228万円です。調査対象の65職種の1年間の平均所定内給与は299万6千円で、...

名ばかり店長問題や食品期限切れ問題、過労死問題などと飲食業界には最近悪い評判が目立ちます。この業界で働くことは大変なことです。以下では飲食店従業員の方が会社を辞めたい場合について考えてみます。飲食店業界は大企業でも労働法が守られにくい普通の業界では中小零細企業の場合のみサービス残業やパワハラなどの問題が起こりやすいのですが、この業界では大企業でも平気でサービス残業の強要やパワハラを行う傾向がありま...

自動車整備士の仕事は、きちんと仕事をしないと整備不良の車両が交通事故を起こすなどして人命にかかわる重大な仕事です。しかしその割には給与が低く、社会的な評価も今一つ高くはありません。以下で自動車整備士の方が会社を辞めたい場合について考えてみます。自動車整備士の仕事を辞めたい理由自動車整備士の方が会社を辞めたい理由としては、次のようなものが考えられます。給与が安い仕事が単調だ趣味と仕事のギャップ以下で...

警備員の仕事は労務管理しっかり行われず、例えば以下のような会社も多いそうです。こちらでは警備員の仕事をしている方が会社をやめたい場合について考えてみます。休憩が与えられない残業が支払われない法律で義務付けられている研修が行われない警備員の仕事の特徴について警備員(交通誘導)の仕事は単調ですので、短期のアルバイトと割り切っている場合は別として、長期間の勤務となるとうんざりしてくることもあり、給与はそ...

キャビンアテンダントは女性の憧れの職種の1つですが、実際には国際線の場合には、生活が不規則になる国際線の場合には時差への対応が大変気圧の影響をうけて、体調が悪くなるただのウェイトレスと同じだ等という理由で入社後2、3年で退職される方も結構多いようです。以下では、キャビンアテンダントで働いたいらっしゃる方が会社を辞めたい場合について考えます。キャビンアテンダントといっても仕事はウェイトレスと同じキャ...

介護職とは、高齢者や障害者の日常生活の自立を支援する仕事です。社会福祉施設で、入所者の食事や入浴の世話、レクリエーションの規格・運営・実施、福祉用品の管理、介護日誌の作成などの業務を行います。以下では、この介護職の特徴や転職の際のポイントなどを述べてみます。介護職の最大の問題点は重労働・低賃金介護職の最大の問題点は、仕事が大変な割に賃金が低いということです。平成26年度の全産業の平均の月給は、32...

フラワーショップ店員は女性の方には特に人気のお仕事です。将来は独立して自分のお店を持ちたいと思って働いている方も多いです。以下ではこのフラワーショップ店員を辞めたい場合について考えてみます。フラワーショップ店員のお仕事の特徴フラワーショップは従業員が数人の小規模なお店が多くなるため賃金がよくありません。お仕事自体が忙しくないなら低賃金でも我慢できますが、忙しいうえに賃金が安いといくらは花が好きでも...

公務員を辞めたいと考えている方も多いと思いますが、そう簡単に辞めてしまわずにこの先の人生の事をよく考えてみることが大切です。公務員の場合は他の職種に比べて、一度辞めてしまうと大変に感じられる事が多いものです。高齢になってから有利な公務員公務員に就職して最初のころは、仕事が単調で人間関係が窮屈なので、結構つらいかもしれません。しかし、高齢になるにつれて労働条件は安定し、倒産や解雇は原則としてない、仕...

現在、税理士として税理士事務所等に勤務されている方で事務所を辞めたいと考えていらっしゃる方もいると思います。そこで、以下では税理士事務所の特徴やそういう方が転職する場合のポイントについて考えてみます。意外と大変な税理士の仕事税理士というと自由業で好きなときに仕事をして高額の報酬を頂いてバラ色の職業というイメージがあります。しかし勤務税理士に対してひどい長時間労働を強いる税理士事務所もあります。例え...

公認会計士の資格を持っていれば、監査法人などに勤めることになると思います。公認会計士の場合、税理士などとは異なり個人事務所勤務ということは少ないと思います。監査法人というと大きい会社が多いので、それなりに長時間労働はあるとは思いますが過労による労災が話題になるほどではなく高給で安定した仕事といえます。こういった公認会計士の仕事で公認会計士の仕事を辞めたいということは、病気等によって仕事が全くできな...

学校で教師の仕事をしていて仕事が忙しすぎるとか、生徒やその父母とのコミニケーションがうまくいかない、同僚の先生とうまくいかないなどの理由で先生を辞めようと考えている方も多いです。先生の仕事の特徴や転職を考える際に気を付けることなどについて考えてみます。先生の仕事は過酷な労働環境にある学校の先生は大変です。通常の授業のほかに生徒の生活指導や、部活動を持たされると業務終了後残業で部活動のコーチをしなく...

子供さんが好きで保育士になってけれども、モンスターペアレントや職場の同僚とのトラブル、長時間労働による疲労などにより保育士の仕事を辞めたいとお考えの方もいらっしゃると思います。保育士の仕事の特徴や転職の際のポイントについて考えてみます。保育士の仕事の特徴保育士の仕事は、小さい子供さんの世話は気を使いますし父兄への対応も大変です。十分な職員数を確保している職場なら良いのですが、人手不足の保育所では長...

特に小規模の事業所で理容師の仕事をする場合には、かつての丁稚奉公のような前近代的で不合理な制度が残っており、未だにサービス残業や店長のパワハラまがいの指導に出会うことがあります。以下では理容師の仕事を辞めたい場合について考えてみます。理容師の仕事の特殊性理容師の世界は、一般のサラリーマンのように有給や残業代の支払いを望んでも難しいようです。ただし拘束時間が長くてもお客さんが来ない限りは手待ち時間な...

医師というと高給取りで人に尊敬されて、外部の人間からみると仕事を辞めたいと考える者はいないようにも思えます。しかし医師の世界は想像以上にハードワークで、長時間労働からうつ病を発症する方もいます。そこで、この職業についての特徴や転職の際のポイントについて考えてみます。医師の仕事は意外と大変医師には一応所定労働時間はあるものの、実際には救急患者や容態急変があれば勤務時間外であっても対応を余儀なくされま...

看護師の仕事は3交代2交代が当たり前で、夜勤が多く、人の生命を扱う仕事なので大変な激務です。更に人間関係が大変です。派閥があり、先輩看護師や医師のストレスのはけ口にされる場合があります。看護師を辞めたいと考えておられる方向けに、この仕事の特徴や転職への注意点について考えます。高い新人看護師の離職率ある調査では、新人看護師の9%が就職から1年で退職するそうです。看護師は専門性を有する仕事ですし賃金も...

調剤薬局、病院、ドラックストアなどで薬剤師の仕事に従事されておられる方も多いと思います。その中には何らかのトラブルを抱え、薬剤師の仕事を辞めたいとお考えの方もいらっしゃると思います。そこで、薬剤師の仕事の特徴や、転職の場合の注意点を述べて行きます。薬剤師の仕事の特徴薬剤師の仕事は比較的高給という特徴があります。平成26年のある調査によると、薬剤師の1年間の平均給与は約376万円、仕事がきついとされ...

理学療法士の仕事は本来業務であるのリハビリテーションの他に、日々の記録やカンファレンス表の作成、医者や看護婦とのやり取り、患者とのコミニケーションの確保とあれこれやらなくてはならず、大変な仕事です。以下では理学療法士の方が会社を辞めたい場合について考えてみます。理学療法士の仕事について平成26年度の賃金センサスによると、理学療法士(作業療法士)の1年間の平均所定内給与は264.6万円です。調査対象...

高齢化社会の急速な進展とともに、介護士の仕事に就かれている方も非常に多くなってきています。しかし、この業界は、様々な問題点を抱えており、転退職が非常に多くなっておりますので、介護士の仕事を辞めようかとお考えの方も多いと思われます。そこで、この仕事の特徴や転職の際の注意点について考えてみます。介護士が仕事を辞めたいと考える理由介護の仕事の特徴として、低賃金、長時間労働、重労働、人間関係の4つがあげら...