会社を辞めたい 損害賠償額の予定について

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい場合の損害賠償額の予定について

会社を辞めたいけれども、会社から「今会社を辞めたらそれによって生じた損害賠償を請求する」と脅されていてなかなか辞められないという方もいらっしゃると思います。

 

なぜ損害賠償請求をされるに至ったのかは人それぞれ理由があるはずです。
具体的な事例を参考にしながら、あなたの場合はどうなるのか確認してみましょう。

労働契約法16条について

 

労働基準法第16条では、

 

使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない

 

と定めております。
この規定は、労働契約の不履行について過大な賠償額が予定されることで、人身拘束的な弊害を招くことのないように損害賠償額を予定すること禁止する規定です。

 

有期労働契約において期間の途中で会社の意向に反して退職した場合は、労働契約の不履行に該当します。例えば、

 

有期労働契約により労働する者が会社の意向に反して契約期間の途中で退職した場合には、労働者が会社に対して金50万円を会社に支払う

 

というような契約があれば、この契約が労働基準法16条違反の契約となります。

 

退職したら損害賠償を求めるという契約の効力

 

損害賠償をされて焦る人

就職した会社が比較的大きな会社であれば、就業規則が制定されているはずです。

 

この就業規則は労働基準法に違反していれば労働基準監督所から指導が入っているため、就業規則が労働基準法に違反していることはまずありません。

 

また、個別の労働者と使用者が締結する労働契約において就業規則に反する労働契約は効力を持ちません。

 

ですから、会社の意向に反して退職した場合には、労働者が会社に対して金50万円を支払うというような契約を結び、それに対して誓約書を提出したからといってもそれは労働基準法と就業規則に違反しているため全く意味を持ちません。

 

また、就業規則を制定していない比較的小さな会社ですと、使用者が労働基準法を知らなくて上で述べたよう退職に関する契約を結ばされ、誓約書の提出を求められたかもしれません。

 

しかし、労働基準法第16条は強行法規です。強行法規とは、これに違反する契約を使用者と労働者が結んだ場合その契約は無効になるというものです。ですから、この場合もその契約は当然に無効です。

 

ただ、労働者の方でそれが違法であると分からないとその契約が有効なものだと勘違いして辞めるに辞められないと考える場合があるということです。

 

就業規則がないだけに、このような勘違いにより労働者が不利益を受ける可能性があることは十分に注意しなくてはなりません。いずれにしても、会社の意向に反して退職した場合にはあらかじめ決められた一定額の損害賠償を求めるというような契約は無効ですし、それに対して誓約書を提出しても気にする必要はありません。

実際に発生した損害の賠償は請求されるか

 

故意や過失以外は大丈夫

今まで述べてきたことは、予め損害賠償の額を予定することの禁止です。実際に発生した損害の賠償額を求めることは禁止されていません。

 

ですから、会社側が「今退職したらそれによって生じた賠償額を請求する」と言ってきてもその要求は合法のようにも考えられます。

 

 

しかし、退職に関して損害賠償を要求するには労働者側の故意又は過失が必要です。

 

例えば期間の定めのない雇用契約において退職する場合には「2週間前に申し出なければならない」というような法律上の規定を労働者が守っていれば、たとえ損害が発生したとしても労働者側に故意や過失がありませんから免責されます。

 

結論として、退職に関する法律を労働者が遵守する限りにおいては、使用者は退職による損害の賠償の請求ができないことになりますが、退職までに腹いせで暴れて会社の機材を壊した場合には、故意が認められるためその損害は請求されます。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら