会社を辞めたい 試用期間中の場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい 試用期間中の場合

会社の就職した場合、最初の1ヶ月や3ヵ月を試用期間としている会社も結構あります。この試用期間中に会社の雰囲気になじまないなどの理由で会社を辞める場合もあると思います。この試用期間中に会社を辞めたい場合について考えてみます。

 

試用期間中におかしいと感じたら辞めるべき

 

試用期間中に辞めたい

試用期間は会社が新しく雇い入れた労働者が会社の業務をある程度の期間続けられるかを確認する期間で、労働者もその会社で長期間働くことができるかどうかを見る期間となります。

 

試用期間においてその会社が怪しいと感じることがあります。その場合、その会社はブラック企業かもしれません。

 

試用期間を経過すると容易に辞められなくなりません。すると、ズルズルと勤務期間が長くなり、ブラック企業にいいように使われたうえに最後は使い捨てです。

 

試用期間においてその会社がおかしいと感じた場合には、試用期間が経過する前に早めに辞めた方が良い場合もあります。会社とのトラブルで退職となり、後から試用期間中におかしいと感じたことを思い出し、あの時早めに辞めていればこんなことにならなかったと後悔することはよくあります。

 

なお、試用期間中の退職の場合、会社の方でも強く慰留することは少ないと考えられ、退職をめぐり会社とトラブルになることはまずありません。一身上の都合により退職しますと退職届を1通出せばそれで事足ります。

 

採用時と実際の労働条件が異なる場合

 

採用の時に示された労働条件と、試用期間中の労働条件が大きく異なる場合があります。例えば、残業時間が週1〜2時間程度ということで採用されたのに、実際にはほぼ毎日のように深夜に及ぶ残業がある場合や、採用時に示された賃金と実際に支払われた賃金が大きく異なるような場合です。

 

このように、採用時に示された労働条件と実際の労働条件が大きく異なる場合には、退職後に受けるハローワークからの求職者給付(失業保険)を受ける際に優遇を受けることができます。

 

ただし、この優遇を受けるためには原則として最低でも会社に6か月以上勤務していなくてはなりません。試用期間は長くても3ヵ月ですから、それよりももう3ヵ月ほど長く勤務を継続しなくてはなりません。

 

この理由で退職した場合には、通常は1年以上勤務しなければ受給することができない求職者給付を半分の6ヶ月間の勤務で獲得することができます。しかも、わずか6ヵ月の勤務で受給開始時期に関する制限なく90日間の求職者給付の受給が可能になります。

 

採用時の労働条件と実際の労働条件が異なるというのは会社の詐欺に等しい行為です。したがって、会社の詐欺まがいの行為にあったことを理由に会社を辞める場合には、求職者給付の受給上優遇されています。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら