試用期間中にブラック企業を見分ける方法

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい 試用期間中にブラック企業を見分ける方法

ブラック企業に就職すると、いいように利用された挙句、最後は使い捨てです。貴重な数年間を無駄に消費させられることになります。ブラック企業を見分けるには採用の時と試行期間中の2つのタイミングがあります。以下では、試用期間中におけるブラック企業の見分け方について解説します。

 

会社の経営者の中に暴力団・チンピラ風の者がいる

 

チンピラ風の人

まず、会社に出入りしている人間を見ます。

 

特に経営者の中にアロハシャツやピアスなど場違いな格好や暴力団風の人がいる場合はブラック企業(おかしな会社)である可能性が高く、試用期間中に退職した方がよいでしょう。

 

経営者の中にやくざ風の者がいると、会社自体が暴力団かチンピラの集団のようになり、まともな人ほど大変な目にあいます。

 

使用期間をすぎると辞めづらくなりますので会社を辞めるのは勇気がいることですが、ブラック企業の場合には辞めた方が断然よいですから試用期間が経過する前に辞めた方が良いです。

 

約束通りの賃金や残業代を支払わない

 

試用期間中であれば賃金の支払があるはずです。賃金の支払があった際には採用時の労働契約どおりの金額が支払われているかを確認します。また、残業がある場合にはその残業に対して割増賃金が支払われているか否かを確かめます。

 

採用時の労働契約の際の賃金よりも実際に支払われる賃金が低い場合には会社は詐欺に等しい行為をしていますし、残業代をしっかり支払っていない場合には会社が泥棒をしています。

 

詐欺や泥棒を平気で行う会社に勤めていても何もよいことはありません。そのような違法行為を行うことは、会社が労働者を大切にしていない証拠です。労働者を大切にしない会社に勤めているとロクなことがありません。

 

休日を与えない

 

休めない人

法律では1週間に1日又は4週間に4日以上の休日を与えなくてはならないことになっています。労働者が1日の全部を疲労の回復に使用できる休日は、労働者の健康の維持にとって極めて大切です。

 

ブラック企業は労働者の健康に取って非常に重要な休日さえも仕事を命じて休めなくします。休日を与えないで連続した労働日が続くと過労死のリスクが著しく高まります。

 

それほど大切な休日を与えない会社は勤めていると命に関わります。会社が試用期間中に法律で定めらた休日を与えないようでしたら、迷わず試用期間中に会社を退職すべきです。過労死や過労が原因の障害が発生してしまったら取り返しがつきません。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら