会社を辞めたい 心療内科の受診について

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい人が心療内科を受診する事について

 

会社を辞めたいと思っている人が心療内科を受診する事はとても大きな意味があります。会社を辞めたいと思うこととうつ病は深い関係があり、会社を辞めたいと思えばうつ病だという人さえおります。

うつ病の人

勿論、キャリアアップのための転職を望んで会社を辞めたいと思う方もいるでしょう。

 

上司や同僚から理不尽なパワハラを受ければ正常な方でも会社をやめたいと思うでしょうから、会社を辞めたいと思えばうつ病だというのは必ずしも真ではありません。

 

しかし、会社を辞めたいとうつ病が深く関わり合っていることを表象していることに間違いはありません。そして、うつ病と心療内科も同様に密接に関連しています。

 

会社で受けるストレスが原因のうつ病は精神病とは無関係なことが多く、多くは精神科の対象ではなく心療内科の担当となります。

 

また、受診する方も精神科というと気が引けるのですが、心療内科というと受診に抵抗が少ないためこちらを利用することが多くなります。

 

心療内科の受診は早いほうが良い

 

会社で長期間にわたり継続してストレスを受けると、以下のような症状がでます。

  • 眠れない
  • 食欲がない
  • 疲れが取れない

だんだん心が元気を失い、何事にもやる気がなくなって会社にも行きたくなくなります。それでも責任感が強い方は無理して会社に行きますが、そんな状態で仕事を行えば

  • 仕事で大きな失敗をする
  • 上司や同僚と大喧嘩をする
  • 突然頭が真っ白になってほとんど仕事ができない状態になる

という行動が目立つようになり、いよいよ会社を辞めたいと考えるようになります。

 

最初の眠れない、食欲がない、疲れが取れないという段階で十分な休養を取れば、医者にかからなくても正常な状態にもどることも多いですが、その後は正常な状態に戻すには心療内科の力を借りなくてはいけません。

 

心療内科の医師

その場合も早ければ早いほど簡単な治療で治ります。いよいよストレスが高じて周囲がおかしいと感じるようになってから受診すると、治療のため3ヶ月の休職が必要ですなどと言われることになります。

 

なお、会社側にストレスの原因の除去を要求することも大切です。
例えば上司のパワハラが原因であれば、会社の相談窓口や組合に相談してみます。

 

長時間労働が原因であれば組合などを通じて長時間労働の改善やサービス残業の根絶を求めていきます。

 

心療内科を上手に利用しよう

会社によるストレスでうつ病になり、心療内科を受診した方は、医師と上手に付き合いながら治療しつつ会社勤務を継続していくことになります。

うつ病になりやすい人の特徴
  • 責任感が強い方
  • 一人で問題を抱えやすい方
  • ストレス耐性の少ない方

そういった方は外部の専門家の支援を受けつつ、会社勤めを続けていくことが賢い選択と言えましょう。

 

ただし医者は就労についてはあまり詳しくはありません。病気のことは相談できても、就労については自分で判断するか、それに関する専門家に相談するほかありません。

 

会社を辞めて転職する場合でもその判断に医師のアドバイスを受けることは有益です。転職先でも同じような状態にならないように適切な指導を受けましょう。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら