会社を辞めたい 診断書について

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい場合の診断書について

 

診断をする医師

会社を辞めたい場合には診断書があると非常に役立ちます。

 

例えばうつ病などの病気により会社を辞めたいと悩んでいる方も多いと思います。この場合、心療内科を受診して診断書を取ることは非常に重要です。

 

軽いうつ状態であれば「適度な睡眠をとる」、「休日は十分に休む」などといった方法で解消する場合も多いです。

 

しかし、うつ状態がひどくて勤務が辛く、会社を辞めたいと思うほどであれば病気の可能性があります。会社を辞めたいと思えばうつ病であるという人もいるくらいです。

 

そのような場合には、早めに心療内科を受診しましょう。うつ病も身体の病気と同じで、早期発見と早期治療が大切です。無理して勤務を重ねると、一生治らない精神障害を引き起こしたりします。

医師の診察により、病気の状態が会社を休むほど重症でなければ診断書は出ませんが、会社のことが原因によるうつ状態がひどいため会社に行くのも困難の状態であれば、診断書は出ると思います。

この診断書をもらうことは、極めて重要なことです。

 

診断書を提出すれば安心して休める

診断書を会社に出せば、医師が診断書に記載した休養を必要とする期間会社を休むことができます。この場合、責任感が強い方だと会社を休めば周りに迷惑が掛かると気にする人がいるかもしれません。無断欠勤ならそのとおりです。

 

しかし、医師の診断書による病気休暇であれば周囲も納得します。確かに休暇に入った直後はドタバタするかもしれませんが、数日もすれば何もなかったように平常の状態に戻ります。数人の小さな会社であれば別ですが、ある程度の大きさの会社であればそのようなものです。

 

ですから、周囲に迷惑をかけるとかはあまり気にする必要はありません。診断書の提出があれば仮病と疑われる心配もありません。

うつ病が回復したら

うつ病が回復した人

休養中は仕事のことは忘れて治療に専念します。難しいかもしれませんが、病気療養中は正常な判断ができませんから会社を辞めると辞めないとかは考えないことにします。

 

そういうことを考えて不安になると病気の回復が送れます。ある程度症状が安定してきたら仕事のことを考えます。

 

大きな会社であれば会社の産業医や労働組合や上司らと相談して、配置転換による業務内容の変更、短時間勤務などにより健康状態を勘案しながら無理なく勤務できる環境を用意することができる場合があります。

 

ですから、会社を辞めるという選択肢以外にもいろいろ方法はあります。それらを試みた上でどうしてもうまくいかない場合には会社を辞めることを考えます。

 

一方小規模な会社では、大きな会社のような選択肢はほとんどないのが現実です。その場合は会社を辞めて、今度はうつ病などになることのない職場環境を提供できる会社への再就職を目指します。

非常に重要な診断書

病気回復後の行動についても診断書は重要な役割を果たします。
大きな会社での配置転換や短時間勤務への要求も診断書があれば行い易くなります。

 

また、会社を辞めるという選択肢をとる場合にも診断書があれば退職時のトラブルに巻き込まれることが少なくなります。退職金などの支給について嫌がらせを受けることが少なくなります。また、病気による退職という大義名分が立つので批判する人たちを押さえ込めます。

 

とにかく診断書はあらゆる機会に役立ちます。もちろん悪用することはいけませんが、病気の際の自己防衛のためには医師が病気を認める場合には必ず取得しておくべきです。

 

健康保険の傷病手当金の申請を始め、公的な給付を受ける際には診断書の添付が必要な場合が多いです。このことからも診断書の確保は必須です。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら