ストレスなどによる精神障害で会社を辞めたい場合

MENU
スポンサードリンク

ストレスなどの精神障害によって会社を辞めたい場合

 

ストレスを抱える男性

ストレスなどがきっかけになって精神障害を引き起こし、会社を辞めたいと考えるケースは決して珍しい話ではありません。うつ状態や不眠症などで会社に出勤したくないことは誰にでもあることです。

 

しかし、それがひどい場合には無理に我慢を重ねて悪化する前に、早い段階で心療内科を受診しましょう。心療内科では、病気と認められる場合には診断書を書いてくれます。

 

無理して出勤して症状を悪化させるよりも、医師が病気と認める場合には医師が症状の回復に必要と認められる期間休職した方が良い場合があります。

 

会社を休職する場合について

大半の会社には、就業規則に休職規定があります。従って、診断書の提出があった場合、休職を認めなくてはなりません。

 

会社によっては、休職期間を1年ないし2年と定め、休職期間の満了日までに業務に復帰できる状態に回復していない場合には解雇するという会社もあります。

 

しかし、軽度のうつ状態であれば、比較的短期間の静養で治りますから解雇に関してはあまり気にしなくていいでしょう。

 

また、前の業務に復帰できるほど回復はしていないものの、その他の軽易な業務に復帰できる状態に回復した場合には、会社に職種の変更を求めてより軽易な業務で復帰できる場合もあります。
他の理由があれば別ですが、軽い精神障害であれば会社を辞める必要はありません。

健康保険に加入している場合には、診断書があれば休業期間中の1日についてだいたい月給の1/30の2/3の金額を、傷病手当金として受給できる場合があります。

病気の原因が会社にある場合

ストレスの原因は会社

上司のパワハラ、過度の長時間労働などで精神疾患を発症した場合には、少々事情は複雑です。

 

この場合、症状がひどい場合には心療内科などに診断書を書いてもらって休職を申込むことは変わりませんが、早めにその事実を第三者に相談した方が良いでしょう。

 

会社側に明らかな法令違反がある場合には、会社側に改善するように申込むことが必要です。

 

なお、こういった企業相手の法令違反の是正などは、個人で行うと上手く会社に丸め込まれますから第三者を介して行う方が安全です。

 

違法状態の是正を求めたのに会社側で自分の非を認めないとすれば、限りなくブラック企業に近いですから取り返しのつかない被害を受ける前に転職先を探した方がよろしいです。

 

とにかく、会社側の原因で精神疾患を発症したことが疑われるような場合には、休職期間中にその問題の解決を図るべきです。

病気の原因が自分にある場合

特に会社側に原因がなくて精神的に不安定な状態になった場合には、休職まではいかずに通院しながらでもよいですが、専門家のカウンセリングを受けるなどして上手にストレスをコントロールする方法を学んでいくことが必要になると考えられます。

 

それでもストレスを抑えきれないという状態であれば、よりストレスの少ない会社やより自分に正確に適合した会社へ転職を考えるのも一つの方法です。

どうしても会社を辞めたい場合

 

精神的なストレスが原因でどうしても会社を辞めたい場合には、会社をやめる際に医師の診断書や受診の記録、会社とのやり取りを記録した文書などを残しておくといいでしょう。

 

離職理由を病気のためと主張できれば、雇用保険の基本手当の受給の際に不利益な扱いを受けません。また、上司のパワハラや過度の長時間労働が原因の精神疾患による場合には、その記録を残しておいた方がよいでしょう。

 

後からその被害を監督官庁などに報告する機会があれば、その時に役立ちます。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら