転職後(3ヵ月以内など)に即、再転職できる?

MENU
スポンサードリンク

転職後(3ヶ月以内など)に即転職をするのは可能?

 

転職するか悩む女性

何らかの事情で転職後に即転職を検討する方もいますが、実際に成功するかどうかはケースバイケースです。

 

例えば、雇用保険に特定受給資格者というものがあります。
この特定受給資格者というのは、解雇や倒産等の理由で離職した者で通常の資格者よりも基本手当の受給の面で優遇されます。

 

この資格者に該当する場合については以下のものが上げられます。

  1. 採用の際に提示された労働条件と実際の労働条件が著しく違っているために離職した者
  2. 上司や同僚等からの故意の排斥又は著しい冷遇若しくは嫌がらせを受けたことにより離職した者  
  3. 事業所の業務が法令に違反したために離職した者
  4. 3ヵ月連続して時間外労働が1カ月当たり45時間超等となったことを理由に離職した者
  5. 賃金の3分の1を超える金額が支払期日に支払われなかった月が2ヶ月以上続いたことを理由に離職した者

この他にも様々なものがありますが、入社して3カ月以内の方に該当しそうなものをあげてみました。特定受給資格者に該当するような事由があった場合には、転職して3ヵ月以内に又転職しても問題はないでしょう。

 

再転職先も事情をよく話せば納得してくれるものと思われます。また、周囲の人たちもそれならば仕方がないと言ってくれるはずです。

 

正当な理由がない場合には厳しい転職後の即転職

 

このような理由がない場合には、3カ月程度で再転職することは少々まずいと思われます。

 

まず、周りが職を転々としている人だと見るようになります。
転職先の会社もあなたをいつ辞めるか分からないと、軽く見るでしょう。

 

また、最低でも1年程度勤務を継続しなければ、その会社での業務を身に付けることはできないと考えられます。業務を身に付けることができれば、その会社での勤務は職務経験としてあなたの職業生活上にプラスの意味を持つでしょう。

 

しかし、3カ月程度で退職するのであれば、何の技能も身に付かず、無駄な3ヵ月を過ごしたことになります。

 

採用から3ヵ月で退職しては、一部の例外を除いて雇用保険の基本手当の受給をできません。
退職前に転職先を見つけていればよいのですが、そうでなければ収入0円の中で新しい転職先を探さなくてはなりません。

 

収入が無くて焦って仕事探しをするとブラック企業の求人などに引っかかることもあり、大変な目に遭うかもしれません。
そこまで考えれば、正当な理由もないのに3カ月程度で再転職を考えるのは非常にまずいと言えます。

 

最低でも1年は我慢しよう

励ます女性

正当な理由がない場合には、最低でも雇用保険の基本手当の受給権が生まれる1年間は我慢してでも勤めるべきかと思います。

 

最低でも1年以上経てばその会社での業務を覚えて職務経験として活かせるようになり、退職後は雇用保険を受給しながら焦ることなくしっかりした会社を探すことができるのです。

 

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら