パワハラで会社を辞めたい場合

MENU
スポンサードリンク

パワハラが原因で会社を辞めたい場合

パワハラが原因で会社を辞めたいと考えている場合は、不当な圧力を受けていた事を会社や第三者機関に自ら証明することが大切です。

 

あなたに対してひどい仕打ちを与えた上司が言い逃れ出来ない証拠を突きつけ、あなたが不利な状況で退職に追い込まれることがないように準備を整えましょう。

パワハラとは

パワハラ

 

パワハラとは、会社の上司が部下に対して権力を背景にして、本来の適正な業務の指導の範囲を超えて継続的に人格や尊厳を侵害する言動を行い、職場環境の悪化や解雇の不安を抱かせることです。

 

パワハラ受けた方はうつ病などの病気を発症する原因ともなり、ひどい場合には自ら命を落とす行為に至るケースも珍しくありません。

 

厚生労働者が示した具体的なパワハラの例として、以下のものがあげられます。

 

  1. 暴行・傷害(身体的な攻撃)
  2.  

  3. 脅迫・名誉棄損・侮辱・ひどい暴言(精神的な攻撃)
  4.  

  5. 隔離・仲間外し・無視(人間関係からの切り離し)
  6.  

  7. 業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制・仕事の妨害
  8.  

  9. 私的なことに過度に立ち入ること

会社に残りたい場合の対応方法

 

上司などから上の@〜Dに該当するパワハラを受けている場合でも、あなたが会社を辞める意思が無ければ辞める必要はありません。

 

最初は会社内の相談窓口、そこでも解決しない場合には第三者機関の相談窓口(労働基準監督署や各都道府県の総合労働相談所など)に相談してみて下さい。

 

それによってあなたの主張が真実だと会社が認めれば、その上司が左遷させられたりして解決する場合もあります。

 

暴行や傷害があった場合、極端にひどい脅迫、名誉棄損等があった場合は刑法に触れます。
証拠を押さえて警察に相談してください。悪質な場合にはその上司らは逮捕されます。
少なくとも警察の捜査の対象となれば、その上司は同じ職場にはいないはずです。

 

このように会社に残るつもりであれば色々な方法がありますから、パワハラが原因で会社を辞める必要はありません。

会社を辞める場合の対処方法

 

会社に見切りをつけて会社を辞める場合は、パワハラの証拠を押さえておきます。
上司が行ったパワハラ行為の記録や、パワハラが原因の精神疾患が原因で心療内科に通った場合にはその証明になる診断書を用意します。

 

会社を辞めた後の雇用保険の基本手当の受給に関して不利益を受けないようにするために必要な証拠になるため、必ず用意してください。

 

会社側と交渉する余地がある場合には、退職の原因がパワハラである事実を会社側に話して、会社と合意の上で退職した方がいいです。

 

再就職の際にしこりが残らないようにするためと、退職金の支給規定がある場合に退職金を受け取ることができるようにするためです。

大切な仲間づくり

会社の仲間

 

職場内のトラブルに関しては、職場内に自分の味方がいるといないのでは全然違います。

 

職場内に味方がいる場合には、第三者の調査などの際に自分に有利な証言をしてくれたりして助かります。

 

全く孤立していると、たとえ自分の主張が真実であったとしても、同僚が会社側に有利な証言をしたりして主張が通らなかったりします。

 

精神的にも全然違いますので、パワハラを告発したりして会社と争う場合には社内で孤立しないように仲間を作っておくべきです。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら