会社を辞めたい 入社したばかりの場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたいと考えている人が入社したばかりの場合

会社を辞めたいと考えている人の中には、まだ入社したばかりという場合があります。

 

この場合、最終的には会社を辞めるにしても「すぐ辞める」もしくは「3年は我慢してから辞める」といった2つの選択肢があります。

 

パートやアルバイトの場合

バイトを辞めたい人

パートやアルバイトの場合には前者の選択肢が当てはまることが多くなります。1日その仕事を見て自分に合わなかったり、職場の雰囲気が悪かったりしたらすぐに辞める方が多いですが、ある意味では非常に賢い選択です。

 

パートやアルバイトでは単純労働が多く、お金に困っているとかの理由があれば別ですが、我慢して続ける意味はそんなにありません。

 

1日仕事を見て合わないなと思ってやめても、パートやアルバイトの口ならすぐ別のもっといい仕事が見つかる可能性が高いですから、やめても失うものが少ないです。
逆に、無理して続けることで失うものが多くなります。

正社員の場合

正社員で採用された場合には、できるならば最低3年間は我慢してみるべきです。
最初は嫌な仕事だと思われても、しばらく働くと意外にも性格に合っていて3年で辞めるつもりであったのが、逆にそのまま定年まで務めることになるかもしれません。

 

また、正社員は色々と仕事を覚えられます。
3年くらい努めて仕事を一通り覚えてからなら、次の転職先でその身につけた技能が発揮できますから転職が成功する可能性が高くなります。

 

一般的には転職を繰り返すことは日本ではよくないことと考えられがちです。
しかし、場合によっては転職を繰り返すことで仕事のスキルを飛躍的に向上させていく人もいます。

 

ですが、その前提としてはやはり3年ぐらいは我慢してひとつの会社にとどまって仕事を覚える必要があります。また、転職した際に次の会社で何か問題のある人と思われないためには、前の会社で最低3年は務めた実績が必要だそうです。

安易な退職は厳禁

安易な退職はダメ!

就職氷河期という言葉があるように、転職は決して楽ではありません。

 

特に、新卒の方が安易に退職して、その後正社員として再就職できずにパートやアルバイトを繰り返し、技能や社会人としてのマナーを身につけないままズルズルと歳をとり、中高齢になってしまうという現象もあります。

 

その意味では、特に新卒の方はできるだけ会社をやめない方がいいに越したことはありません。しかし、色々な事情でどうしても辞めたいと思うこともあるでしょう。

 

その時は最低限3年間は我慢して、その会社で身につけるべきものをきちんと身につけてから退職を考えるべきです。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら