会社を辞めた後の医療保険制度 任意継続被保険者になる

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めた後の医療保険制度 任意継続被保険者の場合

任意継続被保険者となるメリットについて

 

任意継続被保険者とは、会社に在職中に2ヶ月以上継続して健康保険の被保険者であった者が、退職後20日以内に申し込むことにより、最大で2年間会社で在職中に加入していた健康保険の被保険者になることができるという制度のことです。

 

任意継続被保険者のメリット

会社を辞めた場合に加入できる医療保険制度には国民健康保険がありますが、この国民健康保険の場合保険料が会社に在職中の前年の所得を基準に算定されます。会社を辞めた年度の翌年度の保険料が極端に高くなる傾向があります。

 

失業中で収入の無い時点で極端に高い国民健康保険料を支払うのは非常に大変なので、会社を辞めた年度の翌年度は国民健康保険よりも会社を辞める前に加入していた健康保険の任意継続被保険者なります。

 

任意継続被保険者は2年間加入できます。退職して2年間を経過すると国民健康保険料の算定の基礎となる前年の所得も随分下がるはずですから、そこで国民健康保険に切り替えれば極端に高い国民健康保険料を支払わなくてもよくなります。

 

健康保険の任意継続被保険者なるための手続きについて

 

健康保険の任意継続被保険者になるためには、退職日の翌日から起算して20日以内に協会けんぽの窓口などで加入手続きをします。加入の際には協会けんぽの窓口に、「任意継続被保険者資格取得申出書」という申請用紙に必要事項を記載して提出します。

 

この申出書は、協会けんぽの窓口で交付を受けることもできますが、全国健康保険協会のホームページからダウンロードにより入手することも可能です。添付書類は、被扶養者がなく納付書による保険料の支払いの場合には特に必要ありません。

 

ただし、在職時に被健康保険証に記載されていた記号・番号が必要になりますから、退職の際会社に被保険者証を返す前に被保険者証の記号・番号を控えておく必要があります。

 

任意継続被保険者資格取得申出書の添付書類について

 

なお、任意継続被保険者になるに当たり被扶養者がいる場合には、被扶養者の収入を証明する書面や場合によっては同居していることを証明する書面が必要になります。

 

また、保険料の支払いを口座振替によって行いたい場合には、協会けんぽHPからダウンロードした口座振替依頼書に必要事項を記載して提出します。

 

任意継続被保険者の注意点について

 

まず、加入に当っては、以下の要件を満たしていなくてはなりません。

 

  • 会社に在職中2ヶ月以上健康保険の被保険者であったこと
  • 退職日の翌日から起算して20日以内に加入手続きを行なうこと

 

また、任意継続被保険者は以下の要件に該当した時に被保険者でなくなります。

 

  • 毎月の保険料を納付期限(納付書による納付の場合には毎月10日、口座振替の場合は毎月1日)までに納付しなかった場合
  • 被保険者が亡くなった場合
  • 就職等により、健康保険の被保険者になった場合
  • 75歳に達し、後期高齢者医療保険の被保険者になった場合
  • 被保険者になってから2年を経過した時(被保険者期間は最大2年間です)

 

ちなみに、健康保険の任意継続被保険者は被保険者となって2年間を経過するまでは、国民健康保険の被保険者となるために任意継続被保険者をやめることはできません。従って、保険料が下がったので、国民健康保険に切り替えるのは退職してから2年後からということになります。

 

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら