会社を辞めたいから逃げる方法を知りたい

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたいから逃げる方法を知りたい!

 

逃げるサラリーマン

会社を辞めたいから何とかして逃げる方法を知りたいという方もいますが、結論としては逃げて辞めることは避けてください。

 

大半の会社の就業規則には、2週間以上の無断欠勤をした場合、懲戒解雇にするという規定があります。

 

通常は、無断欠勤を2週間続ければ懲戒解雇になりますが、この方法は周囲に迷惑をかけるし、再就職に差支えて本人も後味が悪いです。

 

また、無断欠勤により会社に損害が発生した場合、その賠償を要求されることもあります。

 

逃げる方法に代わる辞め方

正社員の場合には民法の規定により、下記に該当する場合は自由に退職ができます。

  • 退職前2週間前に申し出る
  • 退職月の前月まで申し出る(月給制の社員の場合)

年次有給休暇が2週間以上あれば最悪郵送で退職届と年次有給化の請求書を送付し、携帯電話で報告すればそれで合法的に退職できます。

 

もちろん円満退職が最善ですが、人には事情がありどうしても会社の人間と顔を合わせないで退職したいという方もいらっしゃるでしょうから、その場合はこの方法を使います。

有期労働契約で働く場合

有期雇用契約で働いている方の場合、有期労働契約の期間の途中で解約するためには、やむを得ない理由が必要とされています。

 

やむを得ない理由なく退職する場合、それにより会社が損害を被ると損害を請求される事があります。ですから、正社員の場合のような郵送による手続きは困難かもしれません。

 

雇用期間が終わるまで待つ人

この場合、期間満了となれば自動的に退職となるので、期間満了まで待つことができるなら待ちます。どうしてもそれまで待てないという場合には診断書を使う方法があります。

 

会社を辞めたいと思う原因がうつ病などによる場合には、期間満了まで休養を要するとの診断書を書いてもらえば十分です。

 

ただし、医師が判断しますから本当の病気でない場合は困難です。その場合でも無断欠勤はしないほうがいいです。

 

2週間の無断欠勤と懲戒解雇で辞めるデメリット

  • 再就職に差し障りが出る
  • 雇用保険の基本手当の受給のための離職票が手に入りにくくなる
  • 会社から損害賠償を求められる可能性が生ずる
  • 自分自身の後味が悪い

などといい事はひとつもありません。その場合は、やはり期間満了まで待つべきでしょう。

 

社会人としての常識を守り、無事退職して離職票をもらうまでその会社の人間なのですから、しっかり社会人としてもルールを守るべきです。

 

ただし、上司のパワハラなどで会社に出社すると生命に危険を感じるような場合もあるかもしれません。その場合は、無断欠勤の方法を使うのがやむを得ないこともありますが、同時に警察や労働監督署に通報しておくべきです。

 

事実であれば、無断欠勤した行為が免責されます。

 
誰かに相談してみることも解決の手がかりになる

どうしても会社を辞めたい…。誰にも会うこともなくこのまま逃げ出したい!という心境の場合、さらに友達に相談しても馬鹿にされる・相談できるような友達はいない、親にも言えない…誰にも相談出来ないから自分ひとりで悩み、考え、結論を出す。

 

そんな状況に追いやられていたとしたら、最悪「うつ状態」となってしまう可能性もあります。そのような深刻な状況になる前に「悩み相談のスペシャリスト」に初回無料で相談できるサービスを利用してみるのも一つの手です。

 

一人で考え悩んでいるよりは、ものは試しで「とにかく話を聞いてもらうだけ」でもいいので、相談してみるのもいいと思います。

 

在籍しているスペシャリストのカテゴリー

  • 自分らしい働き方
  • 仕事力・自己実現
  • 人間関係
  • メンタルヘルス・心理相談
  • 生きる意味
  • お金・住まい・健康
  • 恋愛・婚活・結婚
  • 夫婦関係・離婚
  • 妊娠・子育て
  • 家族関係・介護・喪失

 

>>悩み解決スペシャリストを自分で選んで相談してみる<<

 

20歳以上の女性限定サービスです

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら