会社を辞めたい場合でも無断欠勤はNG!

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたいと思っても、無断欠勤だけは避けましょう!

 

会社辞めたくても無断欠勤はダメ!

会社を辞めたいと思うほど無断欠勤をするケースが多いですが、絶対に避けてください。その理由は、たいてい会社は2週間以上の無断欠勤を懲戒解雇事由としているからです。

 

戒解解雇とは、労働者の責めに帰すべき重大な理由による解雇のことで、会社が行う労働者に対する処分のうちでもっとも重いものです。

 

懲戒解雇になるとほとんどの場合で退職金が支給されません。

 

また、雇用保険の基本手当の受給の際に受給の開始が懲罰的に最長3ヵ月遅らせられます。
さらに、再就職の際に大きな障害となりデメリットばかり感じるものです。

会社を辞めたい場合に無断欠勤を2週間以上続ければ、ほとんどの会社は懲戒解雇になりますから、退職の一つの方法ではあることには間違いありませんが、メリットは何一つないため十分ご注意ください。

 

できれば円満退社を

 

退職をする場合には、退職願を提出した上で会社の承諾を得て円満退職すると、退職金支給規定がある場合には退職金も出るし、再就職の際に障害が残ることも少ないです。

 

退職の理由が病気や怪我や上司のパワハラによる場合には、基本手当の受給開始時期を遅らせる給付制限も受けません。

 

会社とトラブルになっている場合の退職方法

会社とトラブルになっていて円満退社が難しい場合でも、「退職届を提出して2週間経過すれば原則として退職できます」。もし年次有給休暇が14日以上あれば、その2週間すべてに年休(一般的には「ゆうきゅう」と言われてますね)を請求して、退職届の退出後、1回も出社しないで退職できます。

 

会社はこの場合の年休の請求を拒否できません。
また、会社側がこの行為をもって懲戒解雇としても、この労働者のこの行為は法律上全く問題はありませんから、あとからその懲戒解雇を無効にできます。

退職する意思が固いのであれば、2週間以上無断欠勤して懲戒解雇となるよりも、こちらの方法を選んだ方が、その影響を小さくできます。

 

無断欠勤による退社よりも退職届の提出を

退職届

長期の無断欠勤による退職方法は、退職方法としては最もまずい方法のため、絶対に避けた方がよろしいです。退職届の提出と2週間の年休取得の方法は、どうしても出社するのが嫌な場合は郵送でも可能です。

 

無断欠勤で退職するよりも「退職届を出して退職」を選んだ方がよろしいです。

 

年次有給休暇は原則として「6ヵ月継続勤務すれば10日」発生します

 

週休2日制の場合、年休が10日あれば退職までの2週間をカバーできますから、大半の方が利用できる方法だと思われます。

 

うつ状態で会社に出勤できないとき

 

うつ状態の男性

うつ状態などでどうしても出社ができないというのであれば、心療内科へ行って診断書を書いてもらえば休職できますので、無断欠勤はしない方がよろしいです。

 

会社を辞めるか辞めないかは、休職して精神を安定した状態に回復してからゆっくり考えればよいです。

 

大抵の会社には休職規定がありますから、医師の診断書を提出した上での正当な理由による休職であれば、休職期間が相当な長期間になる場合を除き、それを理由に解雇されることはありません。

 

休職中、精神を安定した状態に回復させる方法

 

まずは原因を考える

  • その仕事が嫌い⇒自分に合った仕事を探す
  • 人間関係が嫌⇒プロに相談する・仕事を変える

 

うつ状態になるということは「精神的に過度なストレスを受けていた証」でもあります。そう考えるとストレス解消することが一番のうつ状態を抜け出す方法と言えなくもありません。

 

様々なストレス解消方法

 

このように自分に合ったストレス解消方法を見つけ出し、それを実践することがうつ状態を抜け出すにはとても重要な事です。

 

ストレス解消の根本となることは「普段と違うことをする」です。
 ⇒こちらのサイトのストレス対策が参考になります

 

そのことをしっかり頭の片隅に置き休職期間を過ごしてみると、意外と早く精神状態が落ち着くかもしれません。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら