会社を辞めたい 住宅ローンがある場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたいが、住宅ローンがある場合

 

住宅ローンがある人

会社を辞めたいと思っても、住宅ローンがある場合は安易に離職するのは大変なものです。

 

会社を辞めてもすぐに同等以上の労働条件の会社に再就職できればいいのですが、そういう見込みがない場合にうっかり会社を辞めてしまうと、ローンが払えなくなって最悪の場合、せっかく手に入れた持ち家を手放す事態にもなりかねません。

 

ですから、そう簡単に会社を離れるわけにはいかず非常に難しい問題です。会社を辞めたいという理由が、単純に仕事が自分の性格にあっていないなどという軽い理由であれば、我慢すればいいことですから大した問題にはなりません。

 

しかし、上司から激しいパワハラを受けている場合や体力的・精神的にきつくて仕事に耐えるのが容易ではない場合等は本当に大変です。

 

しかも、住宅ローンを抱えるような年代は年齢も40代から50代で、一部の例外を除いて転職が難しい時期でもあります。ですから、そのような場合には第三者機関の応援を借りて、できるだけ会社に残る方向で行動したほうがよろしいです。

 

ローンがあるときは踏みとどまる

安易に会社を辞めてしまうとローンが支払えなくて持ち家を手放すことになったり、目先の支払いのために消費者金融に手を出して二重にローンに追われるようになったりと非常に危険です。会社に残るための方法はいろいろありますから、できるだけ踏みとどまるべきです。

 
 

パワハラにあった場合

パワハラされた人

パワハラの場合、普通の会社には社内にパワハラに関する相談窓口が設けられています。また、労働組合などで相談窓口を設けている場合もありますので、まず相談してみます。

 

相談で解決しない場合、またはそのような相談窓口がない場合には労働局や労働基準監督所その他労働に関する機関や団体に総合労働相談コーナーが設けられておりますから、そちらで相談してみます。

 

激しいパワハラの場合には大半はパワハラを行う方に指導が入りますから、それだけで解決する場合があります。

 

なお、会社ぐるみのパワハラで監督官庁がパワハラを認定した上でそれをやめるように指導が入ってもなお改まらない場合、退職後に裁判や労働審判・斡旋手続等において慰謝料等賠償金を請求できる可能性が非常に高いです。

 

パワハラで退職することは仕方ないにしても、当面のローンの返済には困らないようにしっかり訴えなどにより賠償金は請求します。
この際、ローンの返済があったことを主張すればより高い慰謝料を請求できます。

 

精神的・肉体的に仕事に耐えられない場合には、会社の上司に相談してみましょう。病気が原因ならばしばらく休職して治療に専念し、再起を図ります。また、可能ならば配置転換をしてもらいます。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら