会社を辞めたい場合の上司に話すタイミング

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい場合、上司に話すタイミングを迷っている場合

 

会社を辞める事を話すタイミング

会社を辞めたいと思われている方で、それを上司に話すタイミングについて迷われていらっしゃる方もいるかもしれません。

 

そのような方は会社での上司や同僚との関係が良好で、それが原因で会社を辞めたいと思う方ではないと思います。

 

会社の人間関係には不満はないが、「勤務が大変で体が持たない」や「どうしてもやりたい仕事があって別の会社に転職したい」などの理由により、会社を辞めたいと思う場合が多いと思います。

 

特に、求職期間が長く、ようやく見つけた会社などは働く方が恩義を感じている場合が多く、そのような会社を辞めるという場合にはお世話になった人を裏切るような気がして気が引けるものです。

会社に迷惑をかけるからという理由

辞めるタイミングで迷う人

会社を退職する場合、円満退職は誰もが望むところですが、定年退職や結婚退職を除いて、円満退職などないというのも現実です。

途中退職は、後任の人員の確保や、引継ぎの際の業務の停滞等、会社に迷惑をかけるのは当然です。
また、会社を辞めるということはどう取り繕っても「この会社は嫌だ」といっていることに相違ありません。

 

会社に迷惑をかけたくないからできるだけ会社に迷惑をかけない時期に辞めたいので、上司に言い出すタイミングを迷っているという方もいるかもしれませんが、会社の方では「だったらやめないで下さい」というでしょう。

 

法令や規則の遵守で十分

辞めると決めたならば、会社に迷惑をかけるなどの事は気にしないほうがいいです。
労働基準法には、

  • 退職の2週間前まで
  • 退職月の前月の前半まで

など、それぞれの雇用形態に応じて退職の申出をすべき期間を定めています。
また、会社によっては就業規則に退職の場合には1か月前までに申し出ることなどという規定がある場合があります。

 

これらの法律や規則に従えば、会社には十分に礼を尽くしたことになるため、これ以上気を使う必要はありません。

 

それではお世話になった上司や同僚に申し訳ない、と思われるかもしれません。
しかし、会社での人間関係は仕事と結びついたものなので、仕事の縁がきれるとがらっと態度が変わったりします。

 

上司に相談

どうしてもというなら早めに会社の上司に相談をして「〇月〇日までは辞めないでくれ」という要望などが出された場合には、可能であればそれに応じることもいいかもしれませんが、可能でないならばきっぱりと断っても構いません。

 

転職後も転職前の会社に取引を依頼するなどの特段の事情があれば別ですが、そうでなければ法律が規定する退職のルールを守っていれば、それ以上に会社に気を使う必要はありません。

 

繰り返しになりますが、どうしてもというなら会社をやめなければいいのです。それを振り切って辞めると決めた以上は、気使いは無用です。

 

なお、親しい同僚などとは会社とはかかわりなく個別にお別れ会を開くなどの対応をすればいいことです。会社を辞めることで迷惑をかけたことを理由にそういった会を断る同僚であれば、会社だけの付き合いですからそれはそれでかまわないでおきましょう。

 

後は新しい職場へ向けて、万全の体制で臨むだけです。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら