会社を辞めたい理由が上司との相性

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい理由が上司との相性の場合

会社を辞めたい理由が、上司との相性に問題がある場合も珍しくありません。
定年退職を除いて会社を辞めることとなった原因のうち、一番多いのは上司との人間関係がうまくいかなかった、ということだと思います。

 

人間関係がうまくいかなかったという理由は、会社を辞めることとなった原因のうち特に多いものです。会社での人間関係といえば、

  • 同僚
  • 先輩
  • 後輩
  • 上司
  • 男性(女性)職員

などに対応するものと様々あります。
その中でも、会社を辞めること決断するほどに大きな影響を与えるのは、上司や経営者との人間関係がうまくいかない場合です。

上司からの嫌がらせの特徴について

 

同僚や後輩、上司でない先輩との人間関係も重要で、これがうまくいかないと会社での勤務が非常に辛くなりますが、彼らには監督権や人事権がないため、我慢しようと思えば我慢できないこともありません。

 

しかし、上司は、監督権や人事権があるため、上司との関係がうまくいかないと人事考課の際に

  • 不当に低い評価をされる
  • 嫌がらせの配置転換を命じられる
  • 業務に関する指導について、他の社員との差別を受ける

などの酷い仕打ちを受けることがあります。

 

同僚からの嫌がらせには仕事上の評価や労働条件に関わってくるものはほとんどないと思います。
しかし、上司からの嫌がらせはこういった働いていく上で重要な事項に関わってきますので、我慢するのは非常に困難です。

 

上司の嫌がらせ

例えば、仕事上で大きな失敗があったなど本人の責任で評価が低いのならば、仕方がない部分もあります。

 

しかし、上司との人間関係が良くなくて、仕事の能力だとか成果などにとにかかわりなく評価が低いのであれば、非常に不愉快な思いをして、会社を辞める原因になることが多いのです。

部下が上司に媚びる理由

 

会社では、仕事はそこそこなのに上司に媚びてばかりいる職員もいます。
しかも、大した業績があるわけでもないのに突然出世したりして、その結果周囲でも上司の機嫌を取ることに懸命になる人たちが増えてきます。

 

会社での評価は仕事の能力ではなく、いかに上司取り入るかで決まる、と言い切る人もいます。
人間の能力を正確に測ることは非常に難しいことで、その評価を正確にできる人は稀です。

 

ですから、上司の方でも難しいことはしないで、単に好き嫌いで部下を評価する人が多いのかもしれません。この場合、特に上司との人間関係が悪くなくても、その会社に嫌気がさして会社を辞める場合もあります。

 

そういう傾向が極端にひどい会社には明るい未来はありませんから、早めに離れたほうが賢明かもしれません。

大切な人間関係の改善

 

会社の人間関係

上司は監督権と人事権という強大な権限をもっているため、会社において上司との良好な人間関係を構築することは最優先にすべき課題です。

 

上司とのトラブルで会社を辞めたいと考える場合は、まず上司との関係改善に取り組みます。会社には故意に上司に逆らっている人がいますが、これは厳禁です。

 

会社では正しいとか正しくないにかかわらず、上司の言うことを聞かないほうが悪とみなされます。
自分が正しいと思うからといって上司に逆らってもいいことなどひとつもありません。上司との関係改善の方法はいろいろありますが、一番簡単なのが、逆らうことをやめることです。

上司がパワハラを行う場合

 

パワハラを行っている上司の場合、家庭の事情や借金など仕事と関係のない理由で部下に当たり散らしている場合もあります。このような場合、上司が権限を持っている分非常に危険であり、また部下の関係改善の努力が無駄なことが多くなります。

 

このケースでは仕方ないですから、会社を辞めることも必要な場合もあります。
転職して良い上司に出会い、見違えるようにいきいきと働くことができるようになったというケースもあります。

 

なお、パワハラの度が過ぎる場合、内部の通報窓口や外部の相談機関を利用してその上司を改めさせる手続をとる方法もあります。
それでパワハラが解決すれば、転職によるリスクを負担するという迷惑を蒙らなくて済みます。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら