会社を辞めたい 親や妻などの家族に言えない

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたいが、親や妻などの家族に言えない場合

 

家族に言えない

会社を辞めたいと思っても、なかなか親や妻などの家族に言い出せないものですが、正しい解決策を講じることで理解を得ることが期待できます。

 

特に男性の方であれば、妻に「会社を辞めたい」とはいいにくいことはわかります。
また、独身の方であれば親に対して「会社を辞めたい」とはいいにくいですね。

 

会社に勤めている等職を持っていることは、他人の信用を得る上で非常に重要です。

 

家族であっても同様で、親ならば子の失業によって親子関係が崩壊することは少ないと思われますが、特に共働きの配偶者の場合には失業が離婚の原因になることも多数見受けられます。

 

また、親子関係でも子が「会社を辞めたい」と言えば、それが円滑なものではなくなることは疑いありません。そういうこともあって、なかなか家族には会社をやめたいとはいえません。

 

それでも、会社を辞めたい場合

 

どうしても会社を辞めたい場合は、どうするか。

 

よくテレビ等で失業中の男性が、会社に出勤するふりをして朝に家を出て、公園で日中ブラブラして夕方に家に戻って、会社から帰宅したふりをして家族に失業中であることがばれないようにしている映像を見ます。

 

自分が失業中であることを家族にばれないようにする気持ちはよくわかります。しかし、そんなことをしていてもいずれはバレます。

 

そんなときは、やはり親や妻に正直に事情を話して理解してもらうことが一番重要です。
会社を辞めなければ何も問題は起こらないのですが、それでも会社を辞めたいと考えるのはよほどの事情があるのだと思います。

 

ですから、会社を辞めたいと思うこと自体は相当の理由がある場合にはやむを得ない場合もあります。その時は隠し立てをしたりせず、早めに家族に話した方がいいでしょう。

 

ただし、話す時はそれと同時にその前後策も話すことです。失業となれば、親や配偶者は非常に不安になります。その気持ちを取り除くためには、例えば再就職の見通しや、病気であれば治療計画そしてその後の再就職の見通し、退職後起業するのであればその具体的な計画等についてです。

 

会社で言えば会社の倒産により職を失う恐れのある社員に対する「再建計画」のようなものですが、個人の場合は「再生計画」というのでしょうか、そちらを同時に示すことによって早期に家族を安心せせることです。

 

話を切り出すタイミング、その後の計画の方が重要?

 

家族で相談

家族に「会社を辞めたい」と話せば、普通は「辞めないでほしい」というに決まっています。

 

ですから、家族の希望に従って会社を辞める方針を撤回できるのならば、何も問題は起こりません。その場合ならば別に論じるまでもありません。

 

ここではそれなりに重大な理由があって「会社を辞めたい」と考えるケースを想定しています。

 

この場合、話を切り出すタイミングも重要でないとは言いませんが、より重要なのは会社を辞めた後の再就職や起業の計画を立てれるか否かです。

 

これが立てれないのであれば話は切り出さない方がいいです。そうでないとかえって混乱を招きます。その計画が立つのならば早めに切り出しても問題ないので家族で相談してみるのもいいでしょう。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら