会社を辞めた後の医療保険制度 家族の被扶養者になる

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めた後の医療保険制度 家族の健康保険の被扶養者になる場合

加入可能ならば一番良い方法

 

一番良い

会社を退職した場合に加入する医療保険の方法として家族の加入している健康保険の被扶養者になることは、加入条件は厳しいのですがもし可能であればこれが1番よい方法となります。

 

その理由は、家族の健康保険の被扶養者となれば保険料の負担が0円となるからです。

 

通常であれば高い保険料を支払わなければ医療サービスを受けることはできないのですが、家族の被扶養者になれば保険料を支払うことなく医療サービスを受けることができます。

 

健康保険の被扶養者の要件

 

まず、一定の親族の中に健康保険の被保険者がいなくてはなりません。健康保険の被保険者がその被扶養者とすることができる親族は、以下のとおりです。

 

  1. 被保険者の直系尊属、子、孫、弟妹(主として生計維持している)
  2. 被保険者の3親等内の親族で、@に該当しない者
  3. 被保険者の内縁の配偶者の父母及び子
  4. Bの配偶者の死亡後のその父母及び子

 

なお、ABCについては、被保険者が対象者の生計を主として維持しているという要件の他、住民票上同一世帯である(同居している)という要件も同時に満たしている必要があります。

 

また、主として生計維持とは、被保険者によって生計を維持されている者(認定がされれば被扶養者になる者)の年間収入が130万円未満(60歳以上又は障害者の場合には180万円未満)で、かつ被保険者の年間収入の1/2未満であることをいいます。

 

健康保険の被扶養者になる場合の注意点

 

会社を辞めた方の年間収入(退職後1年間の予想収入)が130万円未満で、配偶者や子に健康保険の被保険者がおり、会社を辞めた方の年間収入がその配偶者や子の年間収入の1/2未満であれば、配偶者や子の健康保険の被扶養者となることができます。

 

注意点

なお、被扶養者となる方の年間収入を算定する際には求職期間中にハローワークから求職者給付(失業手当)を受ける場合には、その手当も年間収入に算入する必要があります。

 

退職前の会社での報酬が高額だった場合、基本手当も高額になりますから基本手当を受けながら被扶養者になりたい場合には注意が必要です。

 

健康保険の被扶養者になる手続きについて

 

家族の健康保険の被扶養者になる手続きは、年間収入を証明する書面(年金の振込通知書や給与明細書)、場合によっては同一世帯を証明する住民票の書面を用意し、配偶者や子など健康保険の被保険者である者が勤務する会社に提出します。

 

会社では健康保険被扶養者異動届という書面を作成し、これを年金事務所に届けます。会社を辞めた方が健康保険の被扶養者になる手続きは基本的に被保険者が勤務する会社の方で行うので被扶養者になろうとする方は収入を証明する書面など添付書類を用意すればそれだけで大丈夫です。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら