会社を辞めたい 吐き気がひどい場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい人で吐き気がひどい場合

 

吐き気がする人

会社を辞めたいと思っている人の中には、吐き気がひどいという症状に悩まされているケースがあります。

 

以下のような原因は、医学的な原因がありますから医者に相談して治すことが大切です。

  • 二日酔いや食べ過ぎにより胃腸の不調が原因の場合
  • 自律神経失調症などの神経系の疾患の場合

(緊張状態が持続し、筋肉が収縮した状態が継続することで血行が悪くなり、
老廃物が溜まって肩こりや吐き気を引き起こす)

 

しかし、医学的な原因がないにも関わらず吐き気がする場合もあります。特に、会社に出勤する時間になると必ず吐き気を催すという方もいらっしゃいます。

 

この場合は会社でのストレスが原因であることが考えられます。そのような状態が長期間続くと会社を辞めたいと思うようになることもしばしばです。

 

出勤時間帯に吐き気を催す場合

 

会社に出勤する時間帯になると、吐き気を催す方には共通点があるようです。

  1. 責任感が強く、頼まれた仕事はほとんど断らない
  2. 趣味が少なく、休日も仕事のことを考えていたりする
  3. 几帳面で、細かいことが気になる
  4. 問題が起こると一人で抱えてしまい、他人に相談することが少ない
  5. レジャーやリラックスすることが苦手
このような吐き気はストレスが溜まっている証拠です。

本人が会社を辞めたいと思っていて、出勤時間帯に吐き気がする場合には想像に難しくないですが、本人が会社での勤務についてやる気は十分な場合は、本人の気持ちは別として身体の方が悲鳴を上げている場合があります。

 

その場合には十分な休養を取り、特に上の@〜Dまでに該当するような性質をお持ちの方は症状が改善するように努めます。早期に適切な対応を取ればこの問題は解決すると思われます。

 

会社を辞めたい場合での吐き気への対応

会社を辞めたいと思うと同時に、出勤時間帯に吐き気襲われるという方は容易ではないかもしれません。特に以下の原因で吐き気を催す場合は重大です。

  • 会社でパワハラを受けていた
  • 大きな失敗をして自信喪失に陥っていた
  • 異常な長時間勤務による疲労が強いストレスになっていた

 

ボロボロになる前に早めに心療内科の治療を受けた方がよろしいかもしれません。

 

こういった強いストレスが原因の症状は、早期に治療すれば比較的軽くて済みますが、放おっておくと症状は重くなる一方で、その回復には長い時間を必要とするようになります。

 

医師の治療をおすすめ

パワハラや過去の仕事上の失敗などの対策は病気を治してから対応すれば十分です。うつ病を患っている状態で対応してもかえって問題をこじらせるため、治療に専念します。

 

もちろん、慌てて会社を辞めてしまうことも避けた方がいいです。うつ病に罹患(りかん:病気にかかること)している状態では正常な判断ができない場合が多いからです。

会社を辞める云々という問題は、症状が回復した後あるいはある程度落ち着いた状態で第三者も交えて慎重に判断すべきです。

 

会社辞めたい 吐き気に対するおすすめの対応策

会社を辞めたい,吐き気,ストレス リラクミンSe

うつ状態回復に

ボイスマルシェ

一人で悩むよりプロに相談
※20歳以上の女性専用

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら