会社を辞めたい 円満退社したい場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたいが、円満退社をしたい場合

会社を辞めたいと思う場合、円満退社をしたいと思う方は多いと思います。

 

  • 上司から理不尽なパワハラを受けた
  • 労務管理が滅茶苦茶で長時間労働で健康を害した
  • 賃金を払わない

などといったひどい会社であれば円満退社など考えないかもしれません。特に、脅迫まがいの方法で会社に残るように強要してくる会社もあります。
その場合には、法律の規定を前面に出して会社と衝突も辞さない覚悟で退職します。

 

しかし、世の中はおかしな会社ばかりではありません。立派な会社も多くあります。
そのような会社を辞める場合、会社に恨みがあるわけではありませんから円満退社をしたいと考えることは自然だと思います。

円満退社などはありえない?

 

 

円満退社などあり得ない。
会社を辞めるということはどう考えても会社が嫌いだと言っていることだ。


 

という人もいます。また、会社に迷惑をかけないように退職したいという人に、

 

 

迷惑をかけない退職なんかあり得ない。
迷惑をかけたくないのであれば会社を辞めるな!


 

という人もいます。
これらの意見は間違ってはいないと思いますが、それが事実であったとしてもきちんとした方法で退職するのとそうでない場合ではだいぶ違います。

 

退職後も辞めたことをずっと後悔することになったり、元の職場の人と二度と会えないようなことになると本人の利益には絶対になりません。

円満退社の方法

 

仕事の引き継ぎ

退職の時期はできるだけ会社の繁忙期を避け、上司と相談してお互いが納得のいく退職のタイミングを探しましょう。

 

「立つ鳥は後を汚さず」という言葉もあるように、引継ぎをしっかり行います。現在担当中の仕事は完成させるか、最低限でもメドをつけましょう。その他にも引継書などを作成し、後任の方がまごつかないようにしましょう。

 

事前によく相談したタイミングでやめれば、会社の方でも無理に引き止めるようなことはしないと思います。また、周囲も悪い感情は抱かないはずです。
本人も気持ちよく退職ができ、再就職に向けてスムーズに動けます。

後から後悔しないことが重要

 

退職に関する様々な法律上の規定はありますが、それを前面に出すのは会社側と感情的に対立し、会社を辞めるような場合です。

 

もちろん、会社を辞める場合には会社側ともめている事が多いのは事実です。特に、会社側が労働者の弱みに付け込んで退職を妨害したり、退職に関して嫌がらせをしているような場合には法律を前面に出して自己防衛をすべきです。

 

円満退社をした人

しかし、感情的な対立がなくてお世話になった会社を辞める場合には、できるだけ穏やかに円満退職へ持っていきたいものです。それには会社と労働者の双方が納得する退職の時期と引継ぎをしっかり行うことが重要です。

 

転職を繰り返していくような場合、前の会社で身につけたスキルを次の会社で活かして働いていくことになりますが、そのためにも円満退社を心がけていくことは有意義です。後からあんな辞め方をするんじゃなかったと後悔することはよくありません。

 

なお、円満退社の準備もしっかりするなら、退職前に転職先についてしっかりリサーチするなり、転職サイトに登録するなり、次のステップに向けて準備することも忘れてはいけません。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら