会社を辞めたい カウンセリングについて

MENU
スポンサードリンク

会社をを辞めたい人のカウンセリングについて

会社を辞めたいと考えている方は一度カウンセリングを受けてみるといい場合があります。

 

会社を辞めたいというのは

会社が嫌なのではなく、会社で感じる感情が嫌で会社を辞めたい

と思うことが多いそうです。

 

会社で嫌な感情を感じるのは人間関係によるものがほとんどです。例えば、

  • 苦手や嫌いな人がいる
  • 上司とどうしても合わない
  • 年下の人間が横柄な態度をとる
  • 皆の輪の中に入っていけない
  • 馬鹿にされるのが怖くて、人に話しかけられない

などという理由で、会社で嫌な感情を感じる人は多いと思います。

 

もちろん会社の人間関係は問題ないが「仕事に関する関心が持てない」だとか「会社での自分の存在価値がみえない」という理由でそういう感情を抱く場合もありますが、これらは人間関係が原因であるものに比して稀である上に、会社を辞めたいとまで深刻な悩みに発展する可能性は低いと考えられます。

 

一般的に会社の人間関係がうまくいっていない人に会社を辞めていと考える人の割合が高く、逆に会社での人間関係がうまくいっている人に会社を辞めたくないと考える人の割合が多いそうです。

カウンセリングの重要性

 

カウンセリング

会社を辞めたいと考える場合、会社での人間関係がうまくいっていないことがその原因であることが多いことは述べました。

 

ただし、それが原因で会社を辞めた場合、次の会社でも同じように人間関係がうまくいかなくて、会社を辞める結果になるかもしれません。

 

会社を辞めるという選択肢は、必ずしも悪いものとは言えません。しかし、人間関係が原因で会社を辞めたいと思うのであれば、会社を辞める前に一度カウンセリングを受けて見ることをおすすめします。

 

カウンセリング最大の目的は、コミニケーション能力を向上させ、人間関係のスキルを向上することです。それによって、職場での人間関係を改善できれば会社で嫌な感情を受けることも少なくなり、会社を辞めなくてもすむというわけです。

 

会社を辞めることは大きなリスクを伴います。特に、再就職がうまくいかずにそのままズルズルと失業の状態を続けると、泥沼に陥ります。
カウンセリングによりそれらのリスクを防止できれば、それに越したことはありません。

受けても損はしないカウンセリング

 

カウンセリングで元気になった人

会社を辞める場合でも、カウンセリングを受けて人間関係のスキルを身につけてから辞めたほうがいいです。

 

再就職先で役立つことはもちろんのこと、退職する会社でも人間関係が壊れたまま辞めると後味が悪いですし、退職後に元の職場の人と会うことが気まずいということは歓迎できることではありません。

 

人間関係を改善してから辞めれば再就職への自信につながりますし、退職後も元の職場の人たちと良好な関係を維持できます。

 

とにかく会社を辞めたいと思った時にカウンセリングを受けることは、会社を辞めるにしろ辞めないにしろ損をすることはありません。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら