会社を辞めたい 病気になった場合

MENU
スポンサードリンク

会社がを辞めたいと人が病気になった場合

会社を辞めたいと考えるようになったのは、病気がきっかけになったからだという方も多いです。

 

その病気が心臓疾患や脳疾患で、会社の業務に耐えないということもあるでしょう。業務に耐えないのですから、会社の解雇事由に該当し、いずれは解雇される可能性が高いですからやめざるを得ないかもしれません。辞めたあとは、健康保険の傷病手当金や障害年金などを受給することで対応することになります。

 

病気になった人

ですが、一般的に病気で会社をやめたいというケースで特に多いのはうつ病が絡む場合です。

 

会社を辞めたいと思ったらまずは心療内科を受診してくださいという人もいるくらいで、とにかく病気で会社を辞めたいと思うこととうつ病は深いつながりがあります。

会社が嫌だが会社を辞めたいに変わったら

 

会社が嫌だと思うことは誰にでもあることです。特に、日曜日の夕方になるとまた明日から仕事だと思い、憂鬱な気分になることは誰もが経験することだと思います。
しかし、大抵の場合にはそれは一過性のもので、ある時期がくればそういう感情も薄れていきます。

 

もちろん、仕事が充実しており楽しくて毎日会社へ行くのが楽しみだと感じている方もいるかもしれませんが、多くの方は多かれ少なかれ会社へ行くのが嫌だという感情を持たれることと思います。

 

普段は会社が嫌だという感情を抑えて勤務を続けていますが、会社が嫌だという感情を超え、会社を辞めたいと思い始めたらそれは病気のサインかもしれません。そう思うことに加えて、

  • よく眠れなくなった
  • 読書ができなくなった
  • 食欲がなくなった

など普段できることができなくなった場合には、ますます病気の可能性が高くなります。

早めに心療内科の受診を

 

心療内科の医師

早めに心療内科を受診して医師に病気かどうかを判断してもらいます。うつ病もほかの病気と同じで、早めに治療すれば簡単に回復します。

 

しかし、我慢に我慢を重ねて重症化してから治療を開始すると、回復に1年も2年もかかることがあります。それどころか精神病を発症して一生完治しない場合もあります。

 

精神科を受診することはそう簡単にできることありません。しかし、心療内科であればそういうことは少ないと思われます。今や10人に1人がうつ病を経験すると言われ、誰もがかかりうる病気です。本人に精神の障害がなくても、会社で強いストレスを受けると発病します。

 

繰り返しますが、うつ病と本人の精神に異常とはほとんど関係がありません。
本人のストレスに対する精神的な脆弱性は関係があるかもしれませんが、それは異常ではありません。とにかく、うつ病により心療内科を受診することは全然恥ずかしくありません。

医師の診断書が出たら

 

心療内科を受診して医師が治療の必要を認めた場合、診断書を書いてもらいましょう。医師の診断書が出たらそれを持って会社へ行き、休暇をもらいましょう。
会社の引き継ぎなどに関してはあまり気にする必要はありません。

 

病気休暇に入って数日間はドタバタするかもしれませんが、その後はすぐに何事もなかったように元に戻ります。会社とはそんなものです。特に大きな会社であれば、会社における個人の存在や力など本当に微々たるものです。

 

また、無断欠勤であれば別ですが、医師の診断書があれば迷惑を被る上司や同僚も納得してくれます。病気休暇の間は医師の指導に従い、ゆっくり休んで病気の治療に専念しましょう。

 

最終的に会社を辞めるかどうかの判断は病気が回復してから行います。病気の時は正常な判断はできません。特に、慌てて会社を辞めたりすると後から大変な困難に合うこともあります。気をつけましょう。

医師の診断書が出ない場合

 

場合によっては医師の診断書が出ないこともあります。その場合には、

  • 十分な睡眠をとる
  • 休暇の時は一切仕事のことは考えない
  • 専門家のカウンセリングを利用してみる
  • 音楽や森林浴などのリラックス方法を試みる

などして、症状の改善に努めます。
病的な状態が回復すると会社を辞めるなどと考えることは少なくなります。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら