会社を辞めたい方必見!ブラック企業対策で大切なこと

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい方必見!ブラック企業対策で本当に大切なこと

会社を辞めたいと思う場合大抵は、

  • 賃金が低い
  • 休暇が少ない
  • 残業が多い
  • 仕事がきつい
  • 会社から理不尽な仕打ちを受けた

というブラック企業特有の理由が多いと思います。現状に不満はないが、よりハイレベルの会社へ転職するために会社を辞めたいだとか、家族の介護のために会社を辞めたいというのは数としては少数だと思います。

 

なかなか消えないブラック企業

 

賃金が安い、休暇が少ない、残業が多い、上司が横柄などの理由で会社を辞めたいと思う場合、現在勤めている会社はブラック企業か、ブラックとは言えないまでも問題のある会社といえます。

 

ブラック企業

最近よくブラック企業が話題となります。ブラック企業は非道なことを堂々と行うにもかかわらず、次々と出現します。

 

ブラック企業と公表されたり過労死事件などを起こした会社は、イメージの低下による売り上げの減少ですぐに倒産するようにも思えますが、実際には容易に倒産しません。

 

仮にブラック企業が倒産したとしても別のブラック企業が出現してまた同じような非道を繰り返します。警察の取り締まりをいくら強化しても世の中に犯罪がなくならないように、ブラック企業も社会の闇として存在し続けます。

 

ブラック企業がなくならない理由

 

行政官庁がいくら取締りをしてもブラック企業が根絶できないのは、ブラック企業が生活保護受給者など「ブラックであろうと就職するがやむを得ない」層を対象としていて、いつの時代もそういった層は必ず存在するからです。

 

ブラック企業はそういった層を対象としているため求人には事欠きません。ブラック企業がそういった層を対象に非道を行うことは許しがたいことですし、監督官庁は厳しく取り締まる必要があることは言うまでもありません。

 

しかし、社会の深部に根ざしたこの問題を官庁の指導ですべてを解消することは不可能です。個人のレベルとしては、社会全体でブラック企業の根絶を目指すより自分自身がブラックに引っかからないようにする方が賢明です。

 

資格取得や技能の取得が非常に大切

 

ブラック企業には様々な見分け方がありますから、面接時や試用期間の間にその特徴を発見したら就職をキャンセルする、又は試用期間中に会社を辞めるといった方法が考えられますが、ブラック企業は単純労働に非常に多いという性質があります。

 

資格取得を目指す

ブラック企業に引っかからない最も良い対策は、資格を取るなり技能を身に付けるなどして、専門職や技術職に就けるようにするというになります。もちろん、技術職や専門職を募集している会社でもブラック企業は存在します。

 

一般的には技術職や専門職はパワハラなどの被害を受けることも少ないし、給料や休暇の面で優遇されています。会社自体も技術職や専門職をおく会社は、ブラック企業のようなおかしな会社である確率がは少なくなります。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら