転職の際にブラック企業に捕まらない方法

MENU
スポンサードリンク

転職の際にブラック企業に捕まらない方法

ブラック企業に転職をした人

再就職先を探す場合、焦って仕事を探してブラック企業に就職してしまい、大変な目に合うことがあります。

 

焦らずに雇用保険から求職者給付を受けることが非常に大切です。求職者給付を受けていれば怪しいと思われる企業はパスすることができます。

 

しかし、ブラック企業の特徴を把握しておくことも大切です。ブラック企業には特徴があります。それを事前に把握しておけば、怪しい企業に就職して貴重な時間をロスしたり、ひどいパワハラを受けて健康を害したりすることを防ぐことができます。

 

本当は怖い大企業

 

ブラック企業の大きな特徴として、常時人を募集していることがあります。ブラック企業の特徴として、例えば会社の面接に行った際に会社の人間が暴力団風だといったこともあります。しかし、そんな会社が危ないのは言うまでもないことですからここでは述べません。

 

しかし、本当に危険なのは表面上はきちんとした会社なんだけれども、中身がブラックだという会社です。中小企業や個人経営の会社でも労務違反はあります。賃金の未払いや違法残業をしているところは数多くあります。しかし、過労死や過労による健康障害で労働者の一生を台無しにするような悪いことを行う場合は少数です。

 

大企業

例えば、過労死など労務違反による重大事件を起こしているのは、大半が大企業です。大企業は一般的に労務管理がしっかり行われていてブラック企業とは無縁のようにも思われます。

 

しかし、労働法制の盲点をついて労働者に過酷な労働を強いるというような悪知恵を働くようなのは大企業に多いのです。

 

大企業が、面接担当者や社外の人間から見えるところに暴力団風の人間を置くはずはありません。きちんとした人間を置くはずです。表面上は法令順守(コンプライアンス)をうたっています。

 

しかし、就職してみたらひどい目にあったなんてことも多々起こります。ですから、自分の目で判断できる力を養う必要があります。

 

常時求人している会社は要注意

 

まず、常時求人しているところは間違いなく従業員を使い捨てにしています。入社した従業員に対して適切な労務管理やキャリア形成のための支援をしていれば、常時募集することなどあり得ません。常時求人しているところは、適当に人を雇って不要になれば辞めさせようと企んでくるところです。

 

ブラック企業に注意

もう1つ、一度に20人とか30人とか大量に求人するところもあります。こういうところも使い捨ての会社が多いです。

 

入社すると仕事がないのに人ばかり多くて仕事の取り合いにあったり、会社が従業員の競争を煽ったりして滅茶苦茶な場合が多いです。こんな求人をする会社は気を付けましょう。

 

常時求人しているし、しかもそれが20人とか30人の大量募集だというところは完全にアウトです。短期で辞めるつもりでアルバイト的に入るのなら仕方ありませんが、きちんと就職するつもりであればこんな会社は絶対避けるべきです。とにかくこの手の求人広告を出す会社に就職するとろくなことはありません。

 

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら