会社を辞めた理由ベスト10

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めた理由ベスト10

会社辞めた理由ランキング

会社を辞めた理由ベスト10をリクナビNEXTの「退職理由のホンネランキングベスト10」を参考にした結果をご紹介します。

 

あなたと同じ理由もランクインしているかもしれません。ぜひ参考にしてください。

1位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)

気に入らない上司

やはり、人間関係ですね。
会社の場合、法律上は労働者と使用者は対等な関係にあるとされていますが、実際には使用者が圧倒的に強い力を持ちます。

 

だからといって上司や経営者に媚びへつらえという訳ではありませんが、ある程度その対策も必要です。
上司や経営者と対立したら結局会社を辞めざるを得なくなるのは労働者の方です。

 

会社に長くいるためにはとにかく人間関係を良くすることが一番大切です。
ある意味では、仕事ができるよりそちらの方が大切だとも言えます。

2位 労働時間・環境が不満だった(14%)

長時間労働は健康によくありません。

 

また、深夜労働が多い労働者には、ガンなどの一定の病気の発生率が高まるという説もあります。長時間労働や深夜労働はそれだけ労働者に負担が大きく、会社を辞め場合の重要な理由となります。

 

中には、残業時間が月に200時間を超えたから会社を辞めたという方もいらっしゃいます。ただし、この場合には労働者の方の命にかかわりますから、辞めた方が正解と言えるでしょう。

3位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)

第1位と同じようにこれも人間関係です。1位が縦の人間関係といえますがこちらは横の人間関係といえます。どちらもうまくいかない場合、会社にいずらくなります。

 

ただし、こちらの方が%が低いのは上司などと喧嘩するよりは、同僚などと喧嘩したほうがややましということでしょうか。とにかく、会社に残るとしたらまず人間関係を重視しなければいけません。

4位 給与が低かった(12%)

労働者が働く最大の目的は賃金を得るためですが、この最重要な目的に関するこの項目がこの順位だというのは意外な気もします。しかし、現在ではたいていの会社ではそれなりの給与が出ますから、あまり問題とならないのかもしれません。

 

極端に給与が低いと労働意欲を著しく阻害し、ひどい場合には退職理由となります。一生懸命働いても賃金のすべてが生活費に消え、趣味やレジャーに使うお金が全く残らないというのであれば、誰でもその会社で働くのが嫌になるのは当然です。

5位 仕事内容が面白くなかった(9%)

仕事が面白くない

人間の労働の目的には様々なものがあります。

 

生活の糧である賃金を得ること、会社によって人間関係を得ること、仕事を通して自己実現をすること、家族を養うこと、自己の能力を陶冶することなどです。

 

仕事内容が面白くなかったことを理由に会社を辞めるのは、この目的のうち仕事を通じて自己実現をすることに関係してきます。

 

いくら高額の報酬がもらえるとしても、1日の大半を面白くない仕事に従事するのも長期間となれば苦痛で十分に退職の理由になります。

 

6位以下はこちらとなっています。

  • 第6位が社長がワンマンだった(7%)
  •  

  • 第7位が社風が合わなかった(6%)
  •  

  • 第8位が会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
  •  

  • 第9位がキャリアアップしたかった(6%)
  •  

  • 第10位が昇進・評価が不満だった(4%)

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら