会社を辞めたい 40代の場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたいと思っている人が40代の場合

 

会社辞めたい40代

会社を辞めたいと思っている人が40代の場合は、私生活のことを考えるとそう簡単に退職を決意するのが難しいはずです。

 

40代といえば独身の方を別とすれば、最初の子供さんがそろそろ大学入学を迎えるころであり、とにかくお金が必要な時期であります。この時期に会社を辞めたいと考えることは、いうまでもなく非常なリスクを伴います。

  • 会社で常軌を逸したパワハラ行為を受けている
  • 極端な長時間労働のため健康状態を崩し、このまま勤めていると生命が危険な状態である
  • 精神疾患により勤務に耐えない状態が続いており、それが回復する見込みがない

上記のようなやむを得ない理由がある場合もあります。その場合には、外部の援助機関の助けを借りながら対応していくことになります。

 
 

40代で会社を辞めると大変

 

会社を辞めて大変な40代男性

特別の事情のない状態で会社を辞めたいと思う場合、会社を辞めることが良い選択ではないことは言うまでもありません。

 

再就職に失敗して長期間の無収入の状態が続けば、子供さんが大学進学をあきらめたりしなければなりません。しかも、40代での転職はリスクが大きいです。

 

再就職先を探しても有期契約の非正規職員の就職先はすぐ見つかりますが、きちんと家族を養えるほどの収入が得られる正社員の口はなかなか見つからないことが予想されます。

 

有期契約の非正規職員では十分な収入を得られず、結局子供さんを大学に進学させることは不可能です。

 

厳しい40代で転職するために必要なこと

 

マネジメント能力がある人

退職後の生活を考えると茨の道かもしれないと思っても会社を辞めたいという考えが変わらない場合は、管理職としてのマネジメント能力の有無が問題となります。

 

40代の転職でもマネジメント能力があれば就職先に好条件で入社できます。

 

マネジメント能力とは、部下を適切に指導し、企業に貢献させることや経営会議に参画し適切なアドバイスを行える能力のことです。この能力が高い人はどこの企業でも歓迎されます。

 

>>40代マネジメント能力に長けた方の転職なら【クライス】<<

 

しかも、40代という年齢は再就職先の企業では職務経験者扱いで、できれば管理職として能力を発揮してもらいたいと思います。そうでなければ20代や30代の人を安い給与で採用したほうが合理的だからです。

 

また、労働者の方も管理職として採用されれば、ちょうどお金が必要な時期に高い賃金を獲得できます。

 

高年齢での再就職の場合、自分より10も20も年下の人間が指導係になることがあり、その人間が態度が横柄だとか、ため口を聞いたなどの些細なことが非常に気になりますが、管理職での採用だとそんなことはほとんどありません。

 

上役との折衝など別の気苦労はあるかと思いますが、どこへ行っても同じなので転職とは関係がありません。

 

とにかく40代で会社を辞めた場合、再就職の鍵を握るのはこの能力ですから、このことを考えた場合にはこの能力が自分にあるかどうかをしっかり見極めることが大切です。

 

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら