会社を辞めたい 35歳の場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい人が35歳の場合

35歳で会社を辞めたいと考えてる方は、転職活動は限界の年齢にあると思ってください。

 

転職の場合、新入社員としては35歳までが限界であるといわれております。
その理由としては、35歳を過ぎると急に物覚えが悪くなるからとか、大半の場合上司が年下になるので指導しにくいなどの理由があげられます。

転職に関する会社側の計算

35歳からの転職活動

 

もう少し深く考えてみると、仮に社員の全員が原則として60歳まで勤務するとします。
入社当初は仕事を覚えておりませんから、会社にとってはその社員の採用はマイナスです。

 

しかし、ある程度の期間が経ってその社員が業務を覚えてくれば、逆に会社にとってプラスになります。

 

そうすれば、仮に5年でその社員が会社に貢献できるようになると仮定すると、20歳で入社の方は35年間が会社の利益となる期間です。

 

30歳で入社の方はその期間が25年で、35歳の方は20年、40歳の方は15年です。
このように考えると、企業にとって一番利益が大きくなるのは20歳の方を採用した場合なのがよくわかります。

 

40歳の方が利益が最小になり、55歳以上の方を採用した場合には絶対的に企業の方が損失を蒙ります。このように考えますと、企業が若い人を採用したがる理由が明らかになります。

 

そして、最初の5年の損失は仕事を覚えて会社に利益を与えるようになった期間から回収することになるのですが、その期間が20年程度であれば損失も回収できるし、会社が考える利益も獲得できるから、新規社員の採用の場合35歳までとされていると考えられます。

 

ハローワークの求人票には年齢制限を設ける理由として

 

「長期間勤続によるキャリア形成のため」

 

という説明文をよく見かけます。
これは、上記のような企業側の労働者に対する利益計算から生じてくる理由なのです。

職務経験者の場合

 

新規採用ではなく職務経験者の場合を考えてみましょう。
職務経験者の場合、最初から仕事を覚えていますから1年くらいの期間があれば会社に貢献できるようになります。

 

そうすれば、40歳でも会社に利益を与える期間は、19年となり、35歳で新規採用の方とほとんど同じになります。しかも、最初の5年間の損失がない分、同じ期間でも会社に与える利益は大きいといえます。

 

ですから、職務経験があれば35歳以降の転職でもそれほど大きな問題は生じないと考えられます。

35歳から重要になるキャリア経験

キャリアウーマン

 

35歳以降に会社を辞めたいと考えておられる方にとりましては、職務経験が非常に大切になります。

 

特に、どの会社でも部下を適切に管理したり、会社に貢献できる人材に育成したりする、優れた管理職を必要としております。

 

この年齢で会社を辞めたいと考えられる方は、次の転職のことを考えて管理職としての能力を高めておく必要があります。

 

逆に、もう既に十分キャリアを積み、他の会社でも自分の力は活かすこと出来るという方は「ヘッドハンティングされるチャンスを自分から掴みに行く」事もできる仕組みがあるので、利用されてみるのも良いかと思います。

 

>>30代ヘッドハンティングで転職したい方は【クライス】<<

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら