会社を辞めたい 30代の場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい人が30代の場合

会社を辞めたいと考えている人が30代の場合は、どのような雇用形態で働いているのかによって対応が異なるものです。正社員で働いているのか、有期労働契約により契約社員などの非正規社員として働いているかでは全然違いますが、ここでは正社員として働いている方が辞めたいと思う場合について述べることにします。

 

会社を辞めたい30代の人

30代といえば働き盛りで、配偶者や子供さんもいらっしゃるかもしれません。また、社会人としての基本も身についているし、仕事ももう一人前になっているはずです。

 

この時期に会社を辞めたいと思うことは、ある意味では一番可能性が少ないかもしれません。特に家族がいる場合にはリスクが伴いますので、そう簡単に会社を辞めるという選択は選べないはずですから、余程の事情があるものと考えられます。

 

このリスクを考えると、やはり会社に残るための対策を考えるか、会社を辞めてもすぐに転職できる方策を考えるべきです。

転職先の会社で職業能力を問われる

 

20代の転職と異なり、30代の転職では再就職する企業がある程度その労働者の方の職務能力を求めてきます。常日頃から転職に備えて技能の向上を図っておかないと厳しい側面があります。

 

あるいは、うつ病などの精神障害により仕事に耐えない状態になったことが会社を辞めたい理由かもしれません。このような場合は外部機関の応援を求める必要があります。

転職が必要な場合もある

 

30代といえば、正社員としての転職ができるのが35歳までと一般に言われております。
ですから、転職後もきちんとした職業生活を営んでいくためには、会社を辞めて転職するのが最後の時期といえるでしょう。

 

30代になるとそれなりに人生経験がありますし、ご家族もいらっしゃると思いますが、会社を辞めることがどんなに大変なことかは当然ご理解をされていることと思います。会社の倒産や会社のリストラにあったような場合も意図せざる転職を余儀なくされる場合もあります。

 

また、転職に成功して転職後の会社で人が変わったように生き生きと働ける場合もあります。

 

>>30代マネージャークラス以上の転職なら【クライス】<<

 

最初は問題がなかった会社が、経営不振を機にブラック企業のように変容し、勤務を継続すると心身の健康を害する状態になる場合もありますが、そのような場合には辞めることやむを得ない場合もあります。

 

30代の家族

ですから、30代で会社を辞める場合でも絶対に失敗するとはいえませんが、正社員での再就職の際には年齢相応の技能水準や社会人としてのマナーが要求されます。

 

このことに十分に留意すれば全然だめだとはいえません。特に年齢が若い点は長期キャリアの形成のために採用時の年齢を制限するという企業のハードルに引っかからないことが大きなメリットです。

 

単一の会社の勤務経験しか持たない人は人生そのものに対する考えが甘いという人もあり、その意味で転職した方がいい場合もあります。

 

この歳での転職は配偶者や子供のことを考えるとリスクが非常に高いですがから、退職後すぐに正社員としての再就職を目指すという前提のもとですが会社を辞めることが正しい選択であることもあります。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら