会社を辞めたい 20代の場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい人が20代の場合

 

会社を辞めたいと考えている人が20代の場合は、雇用形態によって対応が異なります。そう思われる方の中には新規採用されてすぐの方もいらっしゃるかもしれません。

 

ここでは入社して1年未満の方で会社を辞めたいと思われる方は除き、1年以上勤務された方で20代の方を対象とします。

 

会社に勤めるといっても以下のように様々な雇用形態があります。

  • 正社員
  • 有期契約の契約社員
  • 臨時職員
  • 派遣職員
  • パート・アルバイト

20代の人

辞めたいと思う会社でどのような雇用形態で勤務されているかにより対応の仕方が異なります。

 

また、正社員と言っても原則として終身雇用が保障されている公務員や大企業の場合と、倒産やリストラが比較的多い中小企業の正社員では異なります。

 

中小企業だからといって必ずしも雇用条件が悪いとは言い切れません。中小企業の中にも業績が好調で、大企業以上に雇用が安定している場合もあります。

 

 

正社員以外で勤めている会社を辞める場合

 

一般的な話ですが、正社員とそれ以外では正社員以外の方が当然会社を辞めるリスクが低くなります。その点で辞めやすいといえるでしょう。正社員以外の雇用の場合では、会社側では短期雇用を前提としていることが多いので仕事も複雑なことはさせません。

 

賃金も安く、賞与も無いか僅少な程度で、有期契約になるため雇止めの不安があります。待遇も悪く、仕事も単調だと3年も続ければ仕事に飽きてきます。

 

企業も3年もたてば入れ替える腹積もりのこともあります。そんな場合は会社を辞めて、もっときちんとした会社に勤めた方がいい場合もあります。

 

正社員で勤める会社を辞める場合

 

退職で悩む20代の人

 

正社員で就職した場合には会社を辞めるリスクが高まります。

 

就職した会社の業務全体がどうしても嫌だというなら別ですが、正社員の場合3年程度で転勤があるのが普通ですから、現在の業務がどうしても合わない場合でも原則として3年程度我慢して勤めれば、転勤により別の部署に移ります。

 

仕事が単調で嫌になるという問題もこの転勤によって解消できます。また、退職まで務めるという前提が組まれていますから、賃金も相対的に高く普通は賞与も十分に支給されて解雇の不安におびえることも少ないです。

 

せっかくこういった好条件で採用されたのに、辞めてしまうのはもったいないです。20代で会社を辞めた場合、正社員での再就職は他の年齢に比べて比較的しやすいといわれています。

 

>>20代体育会出身者の特別な転職はこちら<<

 

しかし、それでも正社員の再就職に失敗して、パートやアルバイトを繰り返しているうちに正社員の再就職が急に難しくなる中高齢を向えてしまうこともあります。

 

20代で正社員で就職した会社を辞める場合には、このリスクに十分に注意しなくてはなりませんが、どうしてもその会社が嫌で辞めていと思う場合もあるでしょう。
その場合には十分に覚悟して転職に失敗しないようにしなくてはなりません。

 

どんな嫌な会社でも最低3年間は我慢して、社会人としても基本的なマナーやその仕事で身に付けるべき最低限の技能を身に付けてから退職すると転職に失敗する可能性が低くなります。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら