会社を辞めたいはいざというときのパラシュート

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたいのは、いざという時のパラシュートとして用意するべき

パラシュート

会社を辞めたいと考えるのは、いざという時のためにとっておきの「パラシュート」として用意しておくべき事です。

 

いわゆるブラック企業と呼ばれている会社は、「このご時世、労働者は簡単には辞められないだろう」と考えて巧みについてきます。
その心理を悪用して無理難題を押しつけてきます。

 

会社は利益追求が目的ですから、ある程度労働者に無理を強いてくるのはやむを得ない面があります。しかし、それが度を超してくると労働者の側でも対策を講じる必要があります。

会社を辞めたいと思うことも大切

 

「会社を辞めたい」等と口に出すことは、以前は恥ずかしいことのように思われることでした。
しかし、ブラック企業のような労働者を食い物にする悪質な企業も多数存在する現在では「会社を辞めたい」という労働者の側に非がある場合のみならず、会社の側が悪い場合も相当あります。

 

会社から劣悪な労働条件を押しつけられているにもかかわらず「会社を辞めたい」と考えることを禁止すると、そういう環境にある労働者の方々は出口を失って行き詰まってしまいます。
ですから、時には「会社を辞めたい」堂々と言える場面を残しておくことも大切です。

 

もちろん、決して会社を辞めることを奨励しているわけではありません。
会社を辞めることは実は大変なことです。
できれば会社に残って将来を心配することなく、仕事をバリバリこなしていた方が幸せです。

 

特に中高齢の場合には再就職が難しいですから、安易な退職は命取りになります。ですが、上司のパワハラや長時間労働、過労などで病死や自死など労働に関係する痛ましい事件が後を経たない昨今の状況を考えると、限界が来る前に会社を辞めればいいのにと思う事が多いものです。

会社とは不思議なところ

 

不思議に思う会社員

会社とは不思議な場所で、その会社に所属している時にはその会社が世界の全てでその会社で生きていけないと世界中に自分の生きている場所がないような錯覚に陥ることがあります。

 

ですから、会社で大きな失敗をしたり、上司や同僚の嫌がらせによってその会社に居場所がないような気になると世界中に自分の居場所がないように思えますが、それは錯覚です。

 

会社を一歩離れてみると世界は広く、いろんな人がいろんな場所で生きています。
健康で犯罪さえ犯さなければ、それなりにやっていけるものです。
会社から離れてしばらく経つと、会社によってかけられた魔法が解けて世界が広がっていきます。

 

会社に頼らなければ生きていけないように、あるいは会社から離れると人生が崩壊してしまうかのように、会社は巧みにマインドコントロールをしてきます。
特に長時間労働を強いる会社はその傾向が強いです。

 

労働者をこき使って、自分たちの儲けを増やそうとします。
悪質な会社では、結局労働者は会社の儲けの道具にしか過ぎません。
そんなつまらない会社に捕まって大切な人生を棒に振ってしまうことは避けるべきです。

「会社を辞める」というパラシュート

 

いざというときは「会社を辞める」というパラシュートを用意する必要があります。
会社を辞めてしばらくして資金が尽きてきた頃に再就職をすればいいです。

 

その時は会社を見る目が肥えています。
会社もブラックばかりではありませんから次はいい会社に就職できるかもしれません。 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら