社労士が会社を辞めたい人へのアドバイス

MENU
スポンサードリンク

仕事や会社を辞めたい方に役立つアドバイス集

 

退職したいけど・・

「仕事を辞めたい・・」

 

「会社を辞めたい・・」

 

そう思っても実際に行動をしようとしても、どうしたら良いものかわからずに困っていませんか?

 

誰にも相談できず、一人で思い悩み渋々会社に向かっている…という人も多いでしょう。

 

このサイトでは、仕事や会社を辞めたいと考えている方に役立つ情報を様々な観点でご紹介しています。すぐに辞めてしまうのではなく、色々な情報を確認しながらあなたの人生設計にお役立てください。

 
 

退職願について

退職届

自己都合で仕事を辞める際には退職願を提出する必要がありますが、どんな場合であっても必要になるとは限りません。あなたが会社を辞める場合は用意しなければいけないものなのかを確認しなければいけません。

 

ここでは、退職願に関する様々な内容をご紹介していますのでぜひ参考にしてください。

 

記事一覧

 

退職願を書く必要があるのか迷うのは、会社から解雇通知を受けて退職に至る場合です。
会社側から退職願を提出するように促される場合がありますが、解雇通告を受けた結果退職に至る場合は退職願を書く必要がありません。

 

退職願は書く必要はある? 会社から解雇通知があった場合

 

 

 

退職願を出すタイミングは、それぞれの契約内容によって異なるため個人差がありますが、一般的には退職する日の2週間前までに提出する場合が多いです。
退職願を提出する際にはいくつか注意点もあるため、事前に確認が必要です。

 

退職願を出すタイミング

 

 

 

退職願を出してから2週間後に退職できるのが一般的ですが、会社との契約方法によっては3ヶ月後と決まっている場合があります。
あらかじめ会社との契約内容を確認し、適切な退職の時期を把握しておきましょう。

 

退職願を出したら、2週間後に退職できる?

 

 

 

退職願を会社に出したところ、脅迫まがいの暴言を受け、会社に残るように強要される方もいますが、気にせず無視しても大丈夫です。
ただし、民法で定められている退職日の規定については守るようにしてください。

 

退職願を出したら、脅迫まがいに会社に残ることを強要された!

 
 

退職に伴う手続き

保険証など退職に伴う手続きをしっかり行なう

退職に伴い、様々な手続きが必要になるため混乱する方も多いです。例えば退職届の書き方や年金や健康保険、税金などの手続きをきちんと行わなければ日常生活に支障を及ぼす可能性も高くなります。

 

正しい手続き方法を確認し、いざという時に慌てずに行動できるように準備しておきましょう。

 

記事一覧

 

退職届の書き方は雇用保険の基本手当を受給するか否かによって内容が異なります。
退職届と退職願はよく似た書類ですが、記入する内容が異なるためあらかじめ準備する段階で間違えないようにしてください。

 

退職届の書き方について

 

 

 

退職理由を会社から聞かれた場合は、雇用保険の基本手当を受け取るか否かによって答えが違います。「一身上の都合」という理由を告げると基本手当の受給に影響が出る可能性が高いため、事前に確認が必要です。

 

退職理由を聞かれた場合の答えは?

 

 

 

退職後の生活にも大きく関わる退職年金や確定拠出年金は同じ年金でも仕組みが異なります。
勤務していた会社によって加入している年金が異なるため、必ず確認しておきましょう。

 

退職年金と確定拠出年金

 

 

 

退職後には国民年金や健康保険の変更手続きを行なう必要があります。忘れていたでは済まされませんので、できるだけ早めに所定の場所で手続きを実施してください。

 

退職後の国民年金、健康保険について

 

 

 

退職後の手続きで忘れてはならないのが医療保険と年金保険、雇用保険の社会保険制度で定められた内容についてです。
それぞれ手続き方法が異なるため、必ず事前に確認して早めに手続きを終えてください。

 

退職後の手続き

会社を辞める際に必要な書面

 

 

 

会社を辞めた場合は税金の手続きとして確定申告を自分で行なう必要があります。
年収によっては源泉徴収の還付金が発生する場合もあります。
年度内に転職に成功して再就職した方は、新しい会社で手続きをしてくれます。

 

会社を辞めた場合の税金(確定申告)について

 

 

 

会社を辞めた場合に支給される退職金には税金として所得税と復興特別所得税が課税されます。一般的に受け取る方が手続きを行なう必要はありませんが、計算の仕組みをしっかり把握しておきましょう。

 

会社を辞めた場合 退職金にかかる税金

 

 

 

会社を辞める場合は会社を通じて加入していた各種社会保険制度の変更手続きが必要です。
一般的には自分自身で手続きを行わなければいけないため、最寄りの役所やハローワークなどに出向き所定の手続きを行いますが、人によって方法が異なるため事前に確認しておきましょう。

 

会社を辞める場合の社会保険手続き

会社を辞めた後の医療保険制度 任意継続被保険者になる

会社を辞めた後の医療保険制度 国民健康保険への加入

会社を辞めた後の医療保険制度 家族の被扶養者になる

会社を辞めた場合に加入する公的年金制度について

会社を辞めた場合の国民年金保険料免除制度

在職中の社会保険料はいつまで払う?

 

 

 

会社を辞める場合の税金やボーナス、給料の未払いといったお金の問題が気になるものです。
税金については、確定申告や新しい会社での年末調整で場合によってはお金が戻ってくる可能性があります。

 

ボーナスや給料の未払いについてはそれぞれタイミングが異なるため、事前に確認してから手続きを行いましょう。

 

会社を辞める場合の税金、ボーナス、給料の未払いについて

会社を辞めた退職理由により異なる雇用保険の受給

 

 

 

会社を辞めたいと考えている方は、勤務先が社外積立型退職金制度に加入しているか確認する必要があります。共済制度から退職金が支払われても会社から返還請求をされる場合がありますが、あくまでも労働者の物なので返す必要はありません。

 

会社を辞めたい 社外積立型退職金制度について

 

 

 

会社を辞めたい方は事前に厚生年金の手続きについて確認しておきましょう。退職後は厚生年金の被保険者資格を失うため、国民年金の第1号か第3号のどちらかに該当する手続きを行なう必要があります。

 

会社辞めたい場合の厚生年金手続きについて

 

 

 

会社を辞めたい方が注意しなければいけないのが健康保険の手続きです。任意継続や傷病手当金の受給についてきちんと確認しておかなければ、いざという時に医療費の出費が大変な金額になって困る場合があります。

 

会社を辞めたい場合の健康保険手続き

 

 

 

住宅ローンがあり退職した場合は、一定の要件を満たして手続きを行なうと住宅借入金等特別控除を受けることができます。
会社を辞めた方は確定申告の際に自分で行なう必要があります。

 

住宅ローンがあり、退職した場合の手続き

 
 

会社の辞め方

円満退社が理想です

仕事を辞めたい方は、社会人として恥ずかしくない会社の辞め方を知っておく必要があります。トラブルを起こさずに後腐れなくキレイな円満退職を目指したいものです。

 

様々な事例から、それぞれの事情に応じた正しい会社の辞め方を実践しましょう。

 

記事一覧

 

ブラック企業と呼ばれている会社のやめ方は決して難しいものではなく、一般企業と同じ考え方で構いません。退職届を2週間くらい前に提出していれば希望日に退職できます。

 

ブラック企業のやめ方について

 

 

 

会社は今すぐ辞めたいという気持ちがあっても、次の会社が決まっていない状態で辞めるべきではないと考えた方が良いです。

 

無収入の状態が続き、生活もままならない状況は避けたいものですが、ブラック企業にお勤めで心身を壊しかねない場合は一刻も早く辞めた方が良いでしょう。

 

会社は辞めたいけど、次の会社が決まっていない

 

 

 

会社を辞めたいのに、会社から人材不足を理由にして引き留められる場合があります。
円満に退職するために後任者が育つまで頑張るか、会社とトラブルになっているのですぐに辞めるのかはそれぞれのケースで異なります。

 

退職金や雇用保険の絡みもあるため、十分注意して対応しましょう。

 

会社を辞めたいが、会社が人材不足で引き留められて困る場合

 

 

 

会社を辞めたいが、賃金未払いがある場合はできるだけ会社側からきちんと支払われるのを待ちたいところですが、誠意が見られない場合は退職を考えてください。
退職後は雇用保険の基本手当や未払賃金立替払制度を上手に活用しましょう。

 

会社を辞めたいが、賃金未払いの場合

 

 

 

会社を辞めたい場合は退職金の関係を考えた辞め方をしてください。退職金規程の有無を確認し、問題なく受取るためにも円満退社を目指すように心がけてください。

 

会社を辞めたい場合と退職金

 

 

 

会社を辞めたいと思っても、無断欠勤だけは絶対に避けてください。

 

勝手に連絡もなく休む日が2週間以上続けば、ほとんどの会社が懲戒解雇をして退職金の支給がない、雇用保険の基本手当支給が遅れるなどのデメリットが多くなります。

 

辞める決意を固めていたとしても、円満退社になるように心がけましょう。

 

会社を辞めたい場合でも無断欠勤はNG!

 

 

 

会社を辞めたい時の申告するならいつまでというタイミングについては、一般的に退職予定日の2週間前までがベストです。

 

罰則規定については原則的に存在しませんが、有期労働契約で働いている場合はやむを得ない事情がない限りは契約違反になるため、損害賠償請求をされる可能性もあります。

 

会社を辞めたい時のタイミング、罰則について

 

 

 

会社を辞めたい場合に上司に話すタイミングをいつにするべきか迷っている方も多いですが、基本的には法律や就業規則で決められている退職を申し出るべき時期を守っているなら問題ありません。迷惑がかかるかもしれないと気にする必要もありません。

 

会社を辞めたい場合の上司に話すタイミング

 

 

 

会社を辞めたら損害賠償請求をされたり、脅されたりする場合がありますが、対応策として法律上の規定や責任をきちんと守っていれば心配は無用です。
もしも会社が訴えを起こしても、労働者に問題がない場合は負けるはずがありません。

 

会社を辞めたら損害賠償と脅された場合の対応策

 

 

 

会社を辞めたいが円満退社をするにはどうしたら良いのかと考えているなら、きちんと退職のタイミングを上司と話し合って後任の方にしっかり引き継ぎをするようにしてください。
後になってから後悔することがないように転職先を調べてから辞めることが重要です。

 

会社を辞めたい 円満退社したい場合

会社を辞める場合の有給休暇の消化について

 

 

 

会社を辞めたい方がスパッと辞めるための理由を考えているケースもありますが、余計な理由を伝えるのではなくて「一身上の都合」でも十分です。色々な理由を考えるよりも辞めるタイミングをきちんと考えて引き継ぎを行なうようにして円満退社を目指しましょう。

 

会社を辞めたい スパッと辞めるための理由

 

 

 

会社を辞めたいので何としてでも逃げる方法を知りたいという方もいますが、逃げたとしても無断欠勤が懲戒解雇に繋がって転職がしにくくなるため自分自身の首を締めることになり、周囲にも迷惑をかけて最悪の場合は損害賠償請求をされることもあります。社会人としてルールをきちんと守って退職するようにしてください。

 

会社を辞めたいから逃げる方法を知りたい

 

 

 

体力不足等が原因で会社を辞める場合は、自己都合ではなく特定理由離職者に該当する可能性があります。雇用保険の基本手当が支給される期間が異なるため、できるだけ不都合のない手続きを行って下さい。

 

体力不足等で会社を辞める場合の注意点

 
 

転職について

転職についての記事一覧

仕事を辞めた後に転職をしたいと考えている方も多いですが、理想通りの条件に合った会社にすんなりと再就職できるとは限りません。

 

具体的にどのような行動をとるべきなのか、注意すべき点などをご紹介します。

 

記事一覧

 

転職サイトに登録をした場合、会社にばれないかとヒヤヒヤしている方もいますが、通常ならばれる心配はありません。今までと変わらない勤務態度でなければ、会社に転職活動中であると気づかれて不利になる場合もあるため注意してください。

 

転職サイトに登録しても会社にばれない?

 

 

 

転職後に何らかの事情で即再転職できるのはケースバイケースになります。
正当な理由もなく、ただ辞めたいという場合は雇用保険の基本手当も受給できない場合があるため注意が必要です。特定受給資格者の資格に該当する場合は問題なく再転職できます。

 

転職後(3ヵ月以内など)に即、再転職できる?

 

 

 

35歳以上になって未経験の職種に転職するのは正直なところ難しいと考えてください。職場によって異なりますが、一般的には管理職として迎え入れたいと採用を考える職場が多いため、全く経験がない方を採用するなら若い方を採用した方が良いと考えるケースが多いからです。

 

35歳、未経験の職種への転職は難しい?

 

 

 

会社を辞めたいという気持ちがあっても、そう簡単にはやめられない理由が人それぞれあるものです。家族を養うため、現在の待遇、辞めた後のリスクなどを考慮するとそう簡単には退職に踏み切れないと考えられます。

 

会社を辞めたいのにやめられない理由

 

 

 

入社したばかりの会社をやめたいと考える新社会人も多いですが、できるだけ最低でも3年間は頑張ってみましょう。社会人として必要な知識やマナーを学ばせてもらう意気込みで頑張ってみて、それでもダメなら転職を考えてください。

 

ただし、ブラック企業で名ばかり管理職にされてしまった場合は、自分を守るためにも早めの転職をおすすめします。

 

入社したばかりの会社をやめたい

 

 

 

会社を辞めたい病とは決して珍しい事ではなく、誰にでも起こり得る問題です。
退職を本気で考える要因は、労働者側と会社側の両方に存在している可能性がありますが、慎重に考えて行動する必要があります。

 

会社を辞めたい病とは

 

 

 

会社を辞めたい時におすすめしたい本が吉田典史著「あの日負け組社員となった」です。
会社の本質を見極めるために必要な教訓が詳しく解説されています。

 

会社を辞めたい時のおすすめ本

 

 

 

会社を辞めたいと考えるのはいざという時の「パラシュート」として用意しておくべき事です。退職に至るまでには今後の生活の事をよく考えてから結論を出すべきですが、実際に辞めた後は生活資金が尽きてから転職をするように考えても良いでしょう。

 

会社を辞めたいはいざというときのパラシュート

 

転職する際に知っておきたい事

 

転職活動を本格的に始める前に知っておきたい事をいくつかご紹介します。

 

雇用保険

健康保険

年金保険

年金額の計算方法

労働基準法

過労死等防止対策推進法

ブラック企業に捕まらない方法

試用期間中にブラック企業を見分ける方法

会社を辞めたい方必見!ブラック企業対策で大切なこと

会社がブラック企業で社会保険の加入を拒む場合

会社を辞めたい人は知っておくべき労働時間に関する規制

面接で仕事と関係のない質問をされた場合

雇用保険の基本手当受給資格

再就職手当

転職する際に好都合なタイミング

転職をした会社が固定残業費を採用している場合

転職をする際の税金の支払い手続き

辞めるべき会社の見分け方

転職をするために会社を辞めるタイミング

退職時に会社から受け取っておくべき書類

ハローワークがブラック企業からの求人を拒否する新制度

 

転職先の問題

 

せっかく転職を決めたと思ったのに、仕事を始めるようになってからブラック企業のように問題のある会社だったとわかる場合があります。問題が発覚した場合の対応策を確認しておきましょう。

 

求人時の労働条件と実際の労働条件が違う

社会保険の加入資格について

労働の不正を行っている場合

途中退職は違約金を払う契約を結ぼうとする

 
 

会社を辞めたい理由

会社を辞めたい理由については個人差があるため、全ての人に共通するものではありません。

 

各々の理由に応じてどのような辞め方をするのがベストなのか把握しておくことで、デメリットもなくキレイな形で退職を目指せます。

 

記事一覧

 

会社を辞めた理由は人によって異なるものです。人間関係や労働環境、給与、仕事内容などに不満を抱き退職に至った方が多い傾向があります。

 

会社を辞めた理由ベスト10

 

 

 

ストレスなどが原因になって精神障害を引き起こし、会社を辞めたいと考えている場合は、まずは心療内科を受診して診断書をもらいましょう。

 

ほとんどの会社では精神障害を含めた病気の場合は休職を認めなければいけないため、ゆっくりと休職をしながら今後の事を検討してください。

 

ストレスなどによる精神障害で会社を辞めたい場合

 

 

 

パワハラが原因で会社を辞めたいと考えている場合は、上司などから不当な圧力を受けていた事実を会社や第三者機関に対してあなた自身が証明する事が大切です。
今後の生活で不利益を生じさせないためにも、しっかりと準備を整えることが大切です。

 

パワハラで会社を辞めたい場合

 

 

 

異動や単身赴任をきっかけにして会社を辞めたいと考えた場合は、雇用契約書や就業規則に勤務地を変える事について明記されているか確認しましょう。

 

色々考えた結果、退職に至る場合は雇用保険の基本手当をスムーズに受給するために異動命令書をしっかり保管しておいてください。

 

異動や単身赴任で会社を辞めたい場合

 

 

 

長時間労働を強いられ続けているため会社を辞めたいという方も多いです。
法律で労働時間についてしっかり規定されていても、遵守しない会社が存在しているのも事実です。自分の身を守るためにも早めに退職するか、労働基準監督署に訴えるようにしてください。

 

会社を辞めたい 長時間労働の場合

会社を辞めたい 長時間労働や暴力行為が理由の場合

 
 

退職に関するトラブル

退職に関するトラブル

退職に伴いトラブルが発生する場合があり、雇用主側ともめる原因になります。

 

特に有期雇用契約をしている方や女性、定年が近い方などはトラブルを未然に防ぐことが大切です。

 

 

記事一覧

 

有期雇用契約で働く場合は契約期間が満了した際に更新してもらえるかを確認することが大切です。契約更新がないことでトラブルに発展しないようにしましょう。

 

有期雇用契約で働く場合に注意すべき点について

 

 

 

有期労働契約期間の途中で解雇されることは、余程の事情がない限りはないと考えられます。ここで言う余程の事情とは、事実上仕事ができずに改善する見込みがない場合などが該当します。

 

有期労働契約の期間途中の解雇について

 

 

 

有期雇用契約では途中解雇されたり、契約更新がされない雇止めのせいでトラブルに発展する可能性があります。必ず事前に契約更新について確認をしておく必要があります。

 

解雇と雇止めについて

 

 

 

使用者が労働者を解雇する場合は、30日前に解雇予告をするか、30日以上の平均賃金として解雇予告手当を支払うことが法律で定められています。

 

解雇予告手当について

会社が給料を支払わないまま倒産した場合について

 

 

 

使用者は労働者が出産や育児をすることを理由として不利益な解雇や退職勧告つまりマタニティハラスメントをしてはいけないと法律で決められています。

 

妊娠・出産・育児等が理由の不利益な取扱いの禁止について

 

 

 

解雇の種類は大きく分けると懲戒解雇、諭旨解雇、普通解雇、整理解雇があります。それぞれ退職金の有無や解雇が無効になる可能性など取り扱いが異なります。

 

解雇の種類について

会社から受ける懲戒処分の種類について

 

 

 

会社の業績不振などによってやむを得ずに整理解雇を行う場合は、4要件を満たしていなければいけません。整理解雇された場合は必ずこの条件を満たしていたのか確認しましょう。

 

整理解雇の4要件について

 

 

 

労働者に労働条件の変更を提示したところ労働者が拒否したことで解雇されるという変形解約告知が横行すると労働者に不利益がもたらされるため、きちんと基準が設けられています。

 

変形解約告知について

 

 

 

週所定労働時間が20時間以上の方が雇止めと言い渡された場合は解雇権濫用法理に基づき無効を主張できますが、20時間未満の方は難しいと考えられます。

 

週所定労働時間が20時間未満の有期労働契約の雇止め

 

 

 

定年後に再雇用された方が雇止めにならないためには、きちんと労働条件を確認することや書面で契約を交わすことが必要になります。

 

定年後の再雇用に係る雇止めの問題

 

会社を辞めたい 職種・ケース別

 

会社を辞めたいと考えている人の職種によっては、転職の条件や良い辞め方が異なります。私生活の事情によってもケースバイケースで、最善策を講じることで不利益を被ることなく退職することができます。

業種別

 

仕事の内容別

 

サービス

 

情報通信

 

飲食・製造・運輸

金融・保険・不動産

 

教育

 

医療・福祉

記事一覧

 

公務員を辞めたいと考える方もいますが、余程の事情がない限りはそう簡単に辞めない方が良いです。将来の生活設計や転職後の生活をよく考えて、それでも辞めるべきなのかしっかり考えることが大切です。

 

公務員を辞めたい

 

 

 

会社を辞めたいと考えている人が建設業の場合は、長時間労働や人間関係の悪さが原因になっている場合が多いです。
転職を検討する場合は、今までの経験や技能を活かせる職場を優先的に探すと良いでしょう。

 

会社を辞めたい 建設業の場合

 

 

 

会社を辞めたいと思っている方が大企業に勤務している場合は、すぐに退職を決意するのではなく今後の生活をよく考えてから決めてください。退職してから後悔するケースも多いため注意が必要ですが、ブラック企業の場合はすぐに辞めることをおすすめします。

 

会社を辞めたい 大企業の場合

 

 

 

会社を辞めたいと考えている方が証券会社に勤務している場合、最低でも3年間は経験を積んでスキルを修得してからの方が転職しやすいものです。ただし、体調を崩すほど過酷な労働をしている場合は、できるだけ早く退職を検討しましょう。

 

会社を辞めたい 証券会社の場合

 

 

 

会社を辞めたいと思っている人が銀行員の場合、待遇が良いため周囲からの反対が多くなる可能性が高いです。どうしても辞めたい場合は、最低でも3年間は実績を積んでスキルを修得しておくと転職に有利です。

 

会社を辞めたい 銀行員の場合

 

 

 

会社を辞めたいと考えているのが営業マンだった場合、営業としての実力がある方なら転職をしても成功する可能性が高いです。逆に、営業として素質がないと感じて退職を考えている場合は、実力をつけてからよく検討することが大切です。

 

会社をやめたい 営業マン

 

 

 

会社を辞めたいと考えている人が生保営業だった場合は、会社の真意をしっかり見極めてから判断してください。上司が自己保身で引き留めている可能性もあるため、自分には不向きだと感じたら早めに転職を考えましょう。

 

会社を辞めたい 生保営業の場合

 

 

 

会社を辞めたいと考えているのが管理職の方は、退職後の生活についてよく考えてみる必要があります。転職後も前職と同じ待遇で迎え入れてくれるとは限らず、仕事がしにくいと感じる場合もあるため十分注意が必要です。

 

会社を辞めたい 管理職の場合

 

 

 

会社を辞めたい人が一般事務の場合は、向き不向きを十分考えてから検討しましょう。
辞めてしまった後になかなか転職がうまくいかずに再就職できない方や、正社員で雇用されないなどの失敗事例も多いため十分ご注意ください。

 

会社を辞めたい 一般事務の場合

 

 

 

会社を辞めたいと考えている人が正社員の場合、前の会社よりも待遇が良いまたは同等の条件での転職が難しいと考えてください。給料だけでなく、働きやすさも悪くなる可能性があり、退職したことを後悔する可能性があるため十分注意が必要です。

 

会社を辞めたい 正社員の場合

 

 

 

会社を辞めたい方がパート職員として勤務している場合は、比較的転職もしやすいため社会保険や税金を支払わなくても良い範囲内で再就職を検討することをおすすめします。
ただし、雇用期間内に退職をすると契約違反になる可能性があるため注意しましょう。

 

会社を辞めたい パート職員の場合

 

 

 

会社を辞めたいと考えている人が派遣会社に属する派遣社員だった場合は、契約した期間内は簡単に辞めることができません。やむを得ない事情がない限りはしっかり契約期間が満了するまで仕事に従事する必要があります。

 

会社を辞めたい 派遣社員の場合

 

 

 

会社を辞めたいのになかなか親や妻などの家族に言えないと悩んでいる方も多いですが、理解を得るためには退職後の生活についてしっかり計画を立てる必要があります。転職または起業をするにあたって、十分理解できる計画を伝えてから退職について相談しましょう。

 

会社を辞めたい 親や妻などの家族に言えない

 

 

 

会社を辞めたいと考えるのが結婚や出産のタイミングに重なった場合は、定められた通りに退職の手続きをとると円満退社ができます。退職後にどのような生活をするのかによって雇用保険の基本手当や出産手当金など受け取りに影響が出るため、十分確認が必要です。

 

会社を辞めたい 結婚、出産

 

 

 

会社を辞めたいと考えている人が不眠症だった場合は、長時間労働が原因になって体調を崩した可能性が高いです。転職をする前に、まずは長時間労働を改善するように働きかけるようにすると会社を辞める必要もなくなります。

 

会社を辞めたい 不眠症の場合

 

 

 

会社を辞めたいのが病気になったことがきっかけになった場合、仕事が出来ないほどの症状では仕方がありませんが、うつ病などの精神的な病気が原因になった場合はまず治療をして症状の回復を待ってからゆっくり検討することをおすすめします。

 

会社を辞めたい 病気になった場合

 

 

 

会社を辞めたい人がうつ病を発症している場合は、なぜ症状が現れたのか原因を突き止めるようにしてください。場合によっては転職をしても長続きしない場合や、むしろ症状が改善する場合もあります。必ず専門医に相談しながら体調を改善するようにしてください。

 

会社を辞めたい うつ病の場合

 

 

 

会社を辞めたい人が精神病を患っている場合は、退職をしても体調不良のため再就職が難しく、会社に残っても仕事に従事しにくいため簡単に辞められない背景があります。
まずは治療に専念するため、会社や周囲の人がしっかり協力することが大切です。

 

会社を辞めたい 精神病の場合

 

 

 

会社を辞めたいと考えている人の中には吐き気がひどいという症状に悩んでいる方も多いです。病気が原因というよりも、ストレスによる心因性の問題が原因になっている場合があるため、すぐに退職するよりもまずは治療に専念して第三者に相談しながら検討することをおすすめします。

 

会社を辞めたい 吐き気がひどい場合

 

 

 

会社を辞めたいが住宅ローンがある場合は、返済の事を考えるとそう簡単に辞めるわけにはいかないものです。できるだけ会社に残るようにして、パワハラに遭っている場合は相談をして改善策を講じるなどの対策が必要です。

 

会社を辞めたい 住宅ローンがある場合

 

 

 

会社を辞めたいと考えている人が入社したばかりだった場合はパートやアルバイトならすぐに辞めても新しい職場を見つけやすいですが、正社員の場合は同じ勤務条件の転職先が見つかりにくいため十分検討する必要があります。

 

会社を辞めたい 入社したばかりの場合

会社を辞めたい 試用期間中の場合

 

 

 

会社を辞めたい方が異動命令を受けていた場合は、すぐに辞めるのでなく、退職を考えたきっかけになった異動命令を取り消してもらうことを講じてみましょう。それでも辞めたい場合は、雇用保険の基本手当が問題なく受け取ることができるように手続きが必要です。

 

会社を辞めたい 異動命令を受けた場合

 

 

 

会社を辞めたいと思うようになったのは単身赴任がきっかけになる場合が多いです。辞めたくてもお金が必要な事と家族と離れて一人暮らしをする不便さの葛藤に苦しんでいる方が多いです。転職をしようと思ってもそう簡単にはできない場合が多いため、しっかり検討することをおすすめします。

 

会社を辞めたい 単身赴任の場合

 

 

 

会社を辞めたいと思っている人が退職勧奨がらみのパワハラを受けていた場合は、素直に会社の思惑通りに辞めてしまうのではなく、然るべきところに相談をするなどをして対抗策を講じましょう。どうしても辞める場合は、きちんとハローワークにパワハラを受けた事実を伝えてください。

 

会社を辞めたい 退職勧奨がらみのパワハラを受けた場合

会社を辞めたい パワハラを受けた場合の対策

 

 

 

会社を辞めたい人が20代の場合は、雇用形態によっておすすめできる対応策が異なるため注意が必要です。まだ若いため他の年代よりも転職を希望しても成功しやすいですが、前の会社と同じ条件で再就職できるとは限らないことを覚えておきましょう。

 

会社を辞めたい 20代の場合

 

 

 

会社を辞めたいと思っている方がが30代の場合は退職後の生活にリスクを伴う場合が多いため、すぐに退職するよりも確実に転職をするか、今まで通り会社に残ることもしっかり検討しましょう。再就職を成功させるには限界の年代になるので、慎重に考えてください。

 

会社を辞めたい 30代の場合

 

 

 

35歳で会社を辞めたいと考えている方は、転職活動が限界にある年齢だと思って下さい。
できるだけ会社に利益をもたらす人材を採用したいと考えている企業にとっては、年齢を重ねるほど好まれにくくなります。ただし、経験者の場合は管理職として優遇される傾向があります。

 

会社を辞めたい 35歳の場合

 

 

 

会社を辞めたい人が40代の場合は、子育ての関係など私生活でお金が必要な時期の方が多いため、そう簡単に辞めるわけにいかないという方が多いです。
もしもマネジメント能力に長けている方の場合は、転職も成功しやすい特徴があります。

 

会社を辞めたい 40代の場合

 

 

 

会社を辞めたいと考えている人が50代の場合は、辞めた後の生活設計をよく考えながら検討する必要があります。どうしても辞める場合は、起業を考えてみるのもおすすめです。

 

会社を辞めたい 50代の場合

 

 

 

会社を辞めたいと思っている人が主婦の場合、基本的に収入はご主人の分で確保できるためリスクが少ないメリットがあります。有期雇用契約の場合は会社から損害賠償請求をされる可能性もあるため、雇用契約期間が終わるまでは頑張って勤めるようにしてください。

 

会社を辞めたい 主婦の場合

 

 

 

会社を辞めたいと考えている人に、会社から損害賠償の予定について脅されている場合は、会社側が労働基準法に違反している可能性があるため言いなりになってはいけません。
実際に会社に損害を与えていても故意や過失でない限りは賠償責任はありません。

 

会社を辞めたい 損害賠償額の予定について

 

 

 

会社を辞めたいと考えている人が会社に採用された時点で誓約書を書いていた場合でも、基本的には問題なく退職できます。法的には問題なくても道義的には後ろめたく感じる場合もあるため、堂々と退職できるように誠実に仕事をしていたか考えてみましょう。

 

会社を辞めたい 誓約書を書いている場合

 

 

 

会社を辞めたいと考えている方はまず心療内科を受診することをおすすめします。自覚がなくてもうつ病になっている可能性があるため、適切な治療を受けなければいけません。
うつ病を発症した原因になったストレスの元を取り除くように会社へ求めることも大切です。

 

会社を辞めたい 心療内科の受診について

 

 

 

会社を辞めたい人は診断書があると役に立つ場合が多いです。うつ病などの病気に罹った場合は、診断書を会社に提出すると安心して休職できて治療に専念できます。
健康保険の傷病手当金をはじめとした公的な給付を受けるさいに必要な書類にもなります。

 

会社を辞めたい 診断書について

 

 

 

会社を辞めたいと感じている方は、ぜひカウンセリングを受けてみることをおすすめします。退職を考える方の多くが人間関係を理由にしていることが多いため、退職してからもまた人間関係に悩み辞めることになるかもしれないため、コミュニケーション力を磨くためにもカウンセリングが有効だと考えられます。

 

会社を辞めたい カウンセリングについて

 

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら